大阪で受けられる豊胸手術
(脂肪注入・ヒアルロン酸注入)の費用相場

脂肪注入やヒアルロン酸、バッグによる豊胸手術や乳頭縮小、乳房吊上げなど、バストに関する施術の内容と大阪の費用相場を調査しました。

 

 

ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸手術の費用相場(大阪編)

豊胸/脂肪注入

自身の脂肪を吸引し、胸に注入してバストを豊かにします。胸が豊かになるのと同時に、脂肪を吸引した部分が細くなるメリットもあります。ただし、脂肪の少ない痩せ型の人はこの方法は選べません。

自身の細胞を使うので安全でアレルギー反応なども起こりにくいのですが、脂肪はある程度は吸収されてしまうので大きなバストアップにはつながりません。人によっては数年ですべてが吸収されてしまいます。脂肪が固まってしまって、それがしこりのようになってしまうこともあります。

・コンデンスリッチ法
分離抽出によって脂肪から不要な細胞を取り除いて脂肪幹細胞の割合を増やして注入する方法。

・ピュアグラフト法
特殊なフィルターを用いて脂肪組織から不純物を除去して精製し、注入する方法。

・セリューション法(CAL法)
脂肪の一部から幹細胞を分離して残りの脂肪細胞と混ぜたものを使う方法。

上記の方法では、だいたい0.5カップ~1.5カップのサイズアップが目安です。

費用相場

  • 脂肪吸引の費用が含まれていない場合も考えられますが、いちばん安かった価格は20万円、もっとも高額だったのは80万円です。

    脂肪注入の適正価格は70万円前後となっています。金額は施術方法によって差があり、比較的高額となるのはセリューション法、比較的安価なのはピュアグラフト法です。脂肪注入による豊胸は高額ですが、カップ数の予測がしにくいというデメリットもあります。柔らかさを重視する人に向いていますが、価格のわりに大きくならないと感じるかもしれません。

大阪で「豊胸」の名医ならココ>>

豊胸/ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸をバストに入れてサイズアップをはかる方法で、プチ豊胸とも呼ばれています。普通のヒアルロン酸ではすぐに吸収されてしまうため、粒子の大きな「SUB-Q」などのヒアルロン酸が使用されています。傷跡が残らず、痛みも少ないメリットがあります。

デメリットは、やはり永久的な効果がないこと。1~3年で吸収されると考えられています。

ヒアルロン酸注入によるバストアップは比較的手軽で、施術自体も30分程度と短時間で済みます。術後の痛みや内出血などもなく、ダウンタイムも短いです。ただし、手軽な分だけバストアップ効果は小さく、カップアップの目安は1カップ程度になります。

費用相場

  • ヒアルロン酸の量が10ccで7万円としている病院と200ccまで31万円としているクリニックがありました。他にも5万円、10万円という価格がありましたが、どのぐらいの量のヒアルロン酸を注入するのは不明です。

    ヒアルロン酸注入では1㏄あたりの値段で価格表記をしているクリニックが多く見られます。1カップアップで必要になるヒアルロン酸は100㏄。自分の希望のサイズにするためには、どれくらいの量が必要なのかを考えるようにしましょう。たとえば10ccで7万円のクリニックでは、1カップアップさせるために70万円必要ということになります。

豊胸/バッグ

シリコンジェルやコヒーシブシリコン、生理食塩水などのバッグを挿入する手術です。一気にサイズアップができ効果も続きますが、傷が残ったり年を重ねたときに体のバランスが悪くなってしまうことがあります。

バッグによる豊胸施術のメリットは、脂肪やヒアルロン酸注入とは異なり、入れる量によって価格が変わらないことです。

さらに、希望のカップ数を確実に叶えられる点もメリット。希望に応じて、1~3カップアップが目安となります。ほかの施術と比べて、大きな効果が期待できるでしょう。

費用相場

  • 挿入するバッグによっても費用は異なりますが、いちばん安いところで30万円、もっとも高いクリニックが100万円でした。

    バッグによる豊胸の適正価格は60万円前後です。値段は挿入するバッグによって差があり、見た目や触り心地が自然なものは高くなります。高い費用がかかる施術ですが、効果が長く続くという長所があります。高いバッグを使えば、その分より満足感も得られるでしょう。

大阪で「豊胸」の名医ならココ>>

乳房の修正手術の大阪の費用

乳頭縮小

大きい乳頭を小さくする手術で、乳首の皮膚を切って縫合します。医師の腕が左右する手術で、失敗すると左右の大きさが異なってしまったり、授乳に影響が出る場合があります。熟練した医師に任せるようにしましょう。

費用相場

  • もっとも安かったクリニックは15万円、いちばん高かったクリニックが40万円でした。

乳輪縮小

乳輪を小さくする手術で、乳輪の周囲を切って縫合します。乳頭の周りを塗って縮小することもあります。ダウンタイムを経れば授乳も可能で、腫れも1~2週間で治まります。

費用相場

  • 最低価格は25万円、最高値が50万円と、価格に幅のある手術です。

大阪で「バストのお悩み」に関する名医ならココ>>

黒ずみ解消

黒ずんでしまった乳首にトレチノインという外用薬を塗ってメラニンの生成を抑えます。ハイドロキノンと併用されることもあります。

費用相場

  • 最安値5,400円、最高値3万8,000円と幅がありますが、1回のみの施術なのか、複数回の施術がセットになっているのか、外用薬の処方のみなのかは詳しい記述がありませんでした。

乳房吊上げ

乳房下垂修正やマストペクシーともいいます。垂れてしまった乳房を吊り上げる施術で、伸びた皮膚を切除して縫合するのが一般的です。傷が残ってしまう場合もあるので、上手な医師に任せるようにしましょう。

費用相場

  • 大掛かりな手術となるので高額になります。最安値で40万円、もっとも高い金額は150万円でした。

大阪で「バストのお悩み」に関する名医ならココ>>

 

美の名探偵
美の名探偵からの一言

豊胸の技術は日々進歩しているわ。高い効果を狙うこともできるけど、その分価格も高くなりがち。将来の体型の問題などを考えるなら、しっかりと医師と相談をして、無理のない範囲で快適に利用できるものを選んだほうが良さそうよ。そのためにも、適正価格を知ったうえで、信頼できる医師がいるクリニックを選ぶことが必要ね。