そのほか(わきが・ほくろ除去・タトゥー除去など)
の大阪の手術費用相場

わきが・多汗症の手術やタトゥー除去、ほくろ除去など、美容外科で受けることのできるさまざまな治療の内容と大阪の費用相場を調べました。

 

 

 

わきが治療 大阪の費用相場

わきが・多汗症/組織削除法(剪除法)

ワキを数センチ切除して皮膚を裏返し、医師が目で確認しながら臭いや汗の原因になるアポクリン腺やエクリン汗腺を取り除きます。ドクターが丁寧に取ることでより完璧に臭いの元が取れますが、技術が低いと臭いが残ってしまうことがあります。信頼できる、実績のある医師に任せるようにしましょう。。

費用相場

  • もっとも安かったのは20万円、最高値は33万円でした。大阪の多くのクリニックがこの方法を実践しています。

大阪で「わきが・多汗症」の名医ならココ>>

わきが・多汗症/超音波法

ワキを数センチ切除し、超音波を発生させる管を入れて超音波を振動させ、アポクリン腺やエクリン汗腺を破壊する施術方法です。デメリットは火傷などが発生する可能性があること。また剪除法のようにドクターが目視できないので、すべてのアポクリン腺やエクリン汗腺を取り除くのは難しいとされています。

費用相場

  • 大阪でこの方法を取り入れているクリニックはまだありません。

大阪で「わきが・多汗症」の名医ならココ>>

わきがの外科的治療/吸引法

ワキを数ミリ切り、カニューレでアポクリン腺やエクリン汗腺を吸引します。切開部分が少ないので回復が早いメリットがありますが、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を完全に取ることはできないと考えられています。また、多汗症には効果があまりありません。

費用相場

  • 大阪でこの方法を取り入れているクリニックは1つだけで、費用は15万円でした。

わきが・多汗症/ミラドライ

電磁波で汗腺類を破壊して臭いや汗を抑えます。切除の必要がなく、痛みの少ない方法で、ボトックス注射よりも効果の持続期間が長いのが特徴です。

費用相場

  • まだ新しい治療法ですが、大阪でもこの施術方法を採用するクリニックは増えてきており、もっとも安かった価格はキャンペーン価格の30万8,500円、最高値は43万円でした。

大阪で「わきが・多汗症」の名医ならココ>>

わきが・多汗症ボトックス注射

ボトックスをワキに注射することでボツリヌストキシンがアポクリン腺やエクリン汗腺の働きを抑えます。即効性が望めるうえ傷跡も残りませんが、効果の持続期間が3カ月~半年程度のこともあり、年に数回施術を受ける必要があります。

費用相場

  • 両ワキで最も安かったのは6万円、最高値は15万円でした。

大阪で「わきが・多汗症」の名医ならココ>>

タトゥー・刺青除去 大阪の費用相場

レーザーによる刺青除去

レーザーでタトゥーや刺青、アートメイクを消すことができます。傷跡が残りにくいメリットがありますが、完全に消し去るまでは4~10回程度かかる場合があり、施術期間が2年に及ぶこともあります。使用されるレーザーは色などで選択されますが、QスイッチYAGレーザーやQスイッチルビーレーザーが使われることが多いようです。

費用相場

  • 実際に刺青やタトゥーを見て、色などを判断した上でレーザーの種類を選択し費用を算出するクリニックが多いようで、一概に費用相場を出すことはできませんが、価格が掲載されていた中での最安値は1cm四方で7,200円でした。

大阪で「刺青(タトゥー)除去」の名医ならココ>>

手術による刺青除去

タトゥーや刺青の入っている皮膚を切除して周囲の皮膚を縫合します。刺青の範囲が広い場合は自身の皮膚を移植する「植皮法」などが選択される場合もあります。

費用相場

  • 刺青の大きさによりますが、最安値は1万円、最高値は9万円でした。

大阪で「刺青(タトゥー)除去」の名医ならココ>>

ほくろ除去 大阪の費用相場

レーザーによるほくろ除去

ほくろやイボはレーザーなどで除去できます。使用するレーザーはほくろやイボのタイプで選択されます。

費用相場

  • ほくろの大きさにもよりますが、もっとも安かったところは2,000円、最高値が4万円でした。

大阪で「ほくろ・イボ除去」の名医ならココ>>

 

 

美の名探偵
美の名探偵からの一言

どの施術法も費用には幅があるけれど、丁寧にやってくれる先生を選ぶことがまずは大切。わきがの組織削除法(剪除法)などは、ドクターの腕がその後を左右するし、レーザーでタトゥーを消す方法も差が出るわ。