大阪で目頭切開するならこの名医!
目頭切開の名医3選

蒙古ヒダを数ミリ切開することで目を大きくしたり、二重の幅を広くする目頭切開を受ける人は急増中!大阪の美容外科の中で目頭切開が得意な名医・クリニックを調査しました。

 

目頭切開とは

目頭切開は、顔の印象を変える目元整形のひとつ。アジア人に多く見られる蒙古ヒダは、目と目が離れているような印象を与えたり、目を小さく見せたり、顔をのっぺりさせたりすることがあります。これを取り除くことで鼻筋が通ったように見え、欧米人のようなはっきりとした顔立ちにすることが可能です。目頭切開のなかにも、Z法やW法、三日月法などさまざまな種類があります。Z法は傷跡が目立ちづらく、ダウンタイムが短いことがメリット。W法は、蒙古ヒダを完全に取ってしまう施術であり、ダウンタイムは長くなってしまいますが、そのぶん高い効果が期待できます。三日月法とは、目頭の内側の皮膚を切り取る施術法です。目同士を近く、大きく見せることができる反面、傷跡が目立ちやすいことや時間経過とともに元に戻ってしまうことが特徴にあげられます。

どのような人が向いているか
蒙古ヒダがあり目の間が離れて見えてしまう人
目元がきつい印象の人
目が小さいことを悩んでいる人
 

目頭切開の施術内容

目頭切開

目頭切開 日本人に多いとされる目頭の「蒙古ヒダ」という部分を切開して取り除きます。目が大きく見える効果だけではなく、目が近寄って見えたり二重のラインが大きく見えたりする効果があります。二重術とあわせて行なう人も多くいます。

 

大阪の目頭切開の名医の選び方

実績が豊富な名医を選ぶ

目元の手術には、とても繊細な技術力が要ります。人の顔の印象はほぼ目で決まると言われているので、万が一、手術に失敗した場合、かえって顔の印象を悪くしかねません。手術経験が豊富な名医を選ぶことが何よりも大切です。

アフターケアが充実しているクリニックを選ぶ

目元には、脂肪の付き方などにそれぞれ個性があります。理想的な仕上がりを想定して行なわれた手術でも、まれにイメージ通りの仕上がりにならばい場合もあるため、アフターケアがしっかりとしたクリニックを選ぶようにしましょう。

適正価格で手術をしてくれるクリニックを選ぶ

手術費用が高すぎるクリニックは問題外ですが、逆に安すぎるクリニックも不安です。ドクターの実績作りのために、半ば採算度外視で格安にしている可能性があります。高くもなく安くもない、適性価格のクリニックが一番信頼できます。

 

厳選!大阪で目頭切開を受けるならこの名医

「宮里裕医師」恵聖会クリニック

恵聖会クリニックは、2000年6月に開院した総合美容クリニックです。
高度な医療技術を適正価格で提供してくれるため、患者さんの間でも信頼できるクリニックと評判です。
豊富な経験を持つ医師が複数在籍しており、どのクリニックに通うか迷った時はまず恵聖会クリニックに相談してみるといいでしょう。
特に二重や目元の施術例が多く、カウンセリングも丁寧なので、目頭切開も患者さんのまぶたの状態や理想の二重に最適の方法を提案してくれます。

恵聖会クリニックの公式サイト
恵聖会クリニックのHP

    豊富な実績と充実のカウンセリングで人気!高い提案力を誇る名医

  • 宮里医師

    心斎橋院院長である宮里裕医師は、近畿大学医学部卒業後、同附属病院形成外科(医学部講師)及び麻酔科、他関連病院形成外科(部長)、リッツ美容外科大阪院等などで形成外科や美容外科の豊富な経験を持つ医師です。
    テレビ番組などへの出演もあり、とてもソフトな語り口とわかりやすい説明によるカウンセリングが好評です。目元の施術数も豊富です。最近ではプチ整形と呼ばれる埋没法が人気ですが、全切開や部分切開、目頭切開などの切る手術のメリットも紹介してアドバイスしてくれています。本当にきれいな二重を長く維持したい方は、どの施術法にするか決める前に宮里医師に相談してみることをおすすめします。

  • 医師経歴

    1997年 近畿大学医学部 卒業
    同附属病院形成外科(医学部講師)及び麻酔科
    他関連病院形成外科(部長)
    リッツ美容外科大阪院等
    2011年5月 恵聖会クリニック心斎橋院 院長就任

    所属学会、団体

    • 日本美容外科学会
    • 日本形成外科学会

    資格

    • 医学博士
    • 日本形成外科学会専門医

    理念

    宮里医師は、「患者の立場に立って最良の治療を行う」ということを理念とされているため、それを実現させるために、常に技術力の向上を図り、治療の安全性を確保して、医師としての適切な倫理観を持ち続けたいとかんがえていらっしゃいます。患者一人一人に適した治療を行うため、カウンセリングの丁寧さを重視している医師です。

    医師紹介

    宮里医師は大学病院などで外科手技を習得されてきた医師です。そのため、細かな手技が必要な外科的施術を得意としているので、目頭切開などの治療に適していると言えるでしょう。また、患者の安全性を一番に考えてくれるので、美容整形が初めてだという方でも安心してお任せできます。

    得意な施術

    目頭切開・二重整形など瞼形成術、鼻の施術、輪郭の施術

恵聖会クリニックの目頭切開はここが凄い

二重手術にもいろいろありますが、モウコヒダのある人が平行型のきれいな二重のラインを作るためには、目頭切開をする必要が出てきます。その際に恵聖会クリニックで用いられるのが内田法・Z形成術を基本とする方法で、傷跡が残りにくくダウンタイムも少ないという特徴があります。カウンセリングによって症状をしっかり聞き取ることで、どちらの施術法を適用するか判断します。これはどのクリニックでも行えるものではなく、恵聖会クリニックならではの理想的な目元を作り出すことができる方法です。
また、目頭切開にMT埋没法を組み合わせたり、同時に眼瞼下垂を行うことによってさらにくっきりとしたきれいな二重を作ることができます。 施術方法はひとつではなく、個々の悩みや状態によって最適のものを用いるのが仕上がりにも影響してきますので、選択肢の多い恵聖会クリニックでの施術は失敗が少なく満足できる人が多いといえます。痛みや腫れなどのアフターケアも万全です。

目頭切開を受けた来院者の声

  • 平行型の二重にしたくて目頭切開を決意

    もともと重く見える一重で埋没法の施術を受けたのですが、年数がたってすっかり取れてしまいました。しっかりした並行二重を維持したくて恵聖会クリニックさんに相談して目頭切開をすることに。どのくらいの二重幅にするかなどカウンセリングで詳しく相談に乗ってもらえて安心でした。施術中はほとんど痛みはなく、仕上がりは理想の並行二重になれて手術してよかったです!(20代・女性)

  • 眼尻側の二重を伸ばすために目頭切開

    私は眼尻側だけに二重がある状態だったので、目頭切開がいいかと思って受診しました。事前にしっかり調べておいたので、カウンセリングではあまり聞くこともなくスムーズに進みました。手術は少し恐かったのですが、麻酔が効いていて痛くはありませんでしたが、まぶたをめくられるのに少しびびりました。手術後しばらくは傷跡が目立ちますが、きれいな並行二重になり満足してます。(30代・女性)

  • 他院で受けた目頭切開も修正してもらえた

    数か月前にほかのクリニックで目頭切開の手術をしたのですが、モウコヒダがきれいに取れなくて不満だったため、こちらを受診してみました。カウンセリングで先生や看護師さんの対応がとてもよくて再手術を決めました。施術も他院と比べて丁寧で30分ほど休ませてもらえたので落ち着いて帰宅できました。不満だったモウコヒダもきれいに取れて理想的な目元になれました。(20代・女性)

  • 奥二重をきれいな並行二重にしてもらえた

    いつも奥二重をアイプチなどで無理やり二重にしていましたが、どうしても違和感があり、切開手術で二重にしてもらおうと思いました。しかし、奥二重でモウコヒダがあるため、理想の二重にするには目頭切開が必要といわれ、アドバイス通りにお願いしました。麻酔の注射は思ったほど痛くなく、我慢できる範囲でした。手術後しばらくは腫れがひどく出血もありましたがだんだん落ち着いてきています。(10代・女性)

  • 二重をはっきりさせたくて目頭切開を受けました

    もともと薄い二重ですが、もっとくっきりさせたくて目頭切開の手術を受けました。口コミがよく通いやすそうなので決めましたが、カウンセリングがとても丁寧で親身になってくれて信頼できました。目頭切開のみなので施術時間は片目で20分くらい、麻酔の注射もチクっとした痛みだけで問題なく終わりました。最初は腫れましたが二重が自然にはっきりして満足です。(10代・女性)

  • モウコヒダが発達していて脂肪の多いまぶたを改善

    モウコヒダが発達しているので埋没法だとすぐ取れてしまい、脂肪が多くて厚みのあるまぶたを何とかしたくて目頭切開を選びました。先生は忙しそうでしたが、看護師さんの対応が良くて親切でした。手術後は抜糸するまで腫れがひどかったですが、抜糸してからすっかり落ち着いてメイクで隠せる程度に。人気のクリニックなので待合室が混雑していますがそれ以外はいうことありません。(20代・女性)

美の名探偵からひとこと
整形失敗の駆け込み寺的?って思うほど他院での修正も多い印象。事前に納得がいくまでじっくりと打ち合わせをしてくれるから、理想の目元が作れるのね。
美の名探偵
 

恵聖会クリニック 心斎橋院のクリニック情報

恵聖会クリニック 心斎橋院 所在地 大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
アクセス 心斎橋駅より徒歩3分
電話番号 06-6252-5650
診療受付時間 10:00~19:00
休診日 不定休(月1~2回休診)
予約方法 電話、ホームページ予約フォーム
支払い方法 現金一括払い、クレジットカード、デビットカード、医療費ローン
公式URL http://www.keisei-cs.com/
恵聖会クリニック 京橋院 所在地 大阪市都島区東野田町 2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 京橋駅より徒歩1分
電話番号 06-6242-5620
診療受付時間 10:00~19:00
休診日 不定休(月1~2回休診)
予約方法 電話、ホームページ予約フォーム
支払い方法 現金一括払い、クレジットカード、デビットカード、医療費ローン
公式URL http://www.keisei-cs.com/
美の名探偵からの一言
目元の整形手術に関しては、他の整形手術にもまして特に慎重に医師選びをしたいところよ。他院での修正が必要になってしまった場合、またお金もかかるし、また怖い思いをすることになるわ。実績豊富なクリニック選びが大事よ。
美の名探偵
 

「福田慶三医師」 ヴェリテクリニック

2004年に開院されたヴェリテクリニックは、現在では銀座・名古屋・大阪に各院があり、日本美容外科学会が認定した「専門医」が複数在籍している指導医によるクリニックです。
高度な医療技術はもちろんのこと、患者さんとの信頼関係も大切にしているため、患者さんの希望をくみ取り、正確な情報を伝える丁寧なカウンセリングを行っています。
二重の施術数も豊富で、目頭切開だけでもZ法・リドレープ法・皮膚切除法の3種類があります。

ヴェリテクリニックの公式サイト
ヴェリテクリニックのHP

    遠方の来院者が跡を絶たない「匠」と称される美容医療業界のカリスマ

  • 福田医師

    美容外科名医101人にも選ばれた福田慶三医師は、名古屋大学医学部卒業後、アメリカ・メイヨークリニック、ミシガン州のクリニックで研修を重ね、形成外科の分野で実績を重ね、メディアへの出演や著書も出版している有名な名医です。
    その経験は鼻の整形や輪郭形成、フェイスリフト、目元の施術など多岐にわたります。
    目頭切開の知識にも精通しており、患者さんに必要かどうかを見極めてアドバイスしてもらえます。その技術力の高さに遠方から施術を希望する人も多いのです。銀座院と兼任していることからもチャンスを逃がさないためにHPの出勤予定は要チェックです。

  • 医師経歴

    1985年 名古屋大学医学部卒業
    1987年~1989年 米国メイヨークリニック等で研修
    1989年~1992年 米国ミシガン州Craniofacial Institute、Providence Hospital研修
    1995年 小牧市民病院形成外科 部長
    2002年 愛知医大形成外科 講師
    大手美容外科院長・医療 次長
    2004年 ヴェリテクリニック 銀座院院長
    ヴェリテクリニック 理事長就任

    所属学会、団体

    • 日本美容外科学会
    • 日本形成外科学会

    資格

    • 日本形成外科学会専門医
    • 日本美容外科学会(JSAPS)専門医
    • 日本美容外科学会(JSAS)専門医

    理念

    福田医師にとって最も大切なことは「患者のコンプレックスを取り除くこと」。人間として最も目立つ部分にある顔にコンプレックスを感じると、人とのスムーズなコミュニケーションが難しくなってしまうものです。福田医師は、顔へのコンプレックスを解消すると同時に、患者が自信を取り戻して、コミュニケーションを楽しめるようにすることが使命だと考えています。

    得意な施術

    目頭切開・脱脂術・眼瞼下垂などの目元の施術、鼻への施術、輪郭形成、若返り術

ヴェリテクリニックの目頭切開はここが凄い

ヴェリテクリニックの施術方法はとても種類が多く、患者さんの要望や状態に合わせて最適な方法を選択することができます。目頭切開だけでもZ法・リドレープ法・皮膚切除法の3種類があり、主に跡が残りにくく切開する範囲を調整できるZ法が採用されています。
リドレープ法は術後しばらくは傷跡が目立ちますが末広型の二重になりやすく、Z法より後々の傷跡が残りにくいという特徴があります。皮膚切除法はモウコヒダの微妙な調節ができるが傷跡が見えやすいという特徴があるため、患者さんに合わせて使い分けができます。
並行二重を作るためにはモウコヒダが深く関係しているため、目頭切開をすることも多いのです。必ずしも二重の線とモウコヒダのラインが同じになるわけではないので、ひとりひとりに合わせた施術法は異なります。ヴェリテクリニックでは患者さんの希望とそういった状態を見極めて最適の方法を選択してくれます。
また、目頭切開の修正方法でモウコヒダの形成術もあるため、万が一他院で失敗した場合でもヴェリテクリニックで修正することが可能な場合もあります。

目頭切開を受けた来院者の声

  • 目頭切開で奥二重がくっきり二重に

    モウコヒダがあるためまぶたが重く、眼瞼下垂の手術を受けるか迷っていました。カウンセリングでしっかりお話しを聞いてもらい目頭切開と埋没法をすることにしました。麻酔で眠っていたので手術中の痛みや不安もなく、目が覚めたら終わっていました。術後は少し腫れましたが2週間ほどたって落ち着いてきて、今ではメイクするのが楽しみなほど。きれいな二重になれて感謝しています。(20代・女性)

  • 眼尻と目頭の切開で目が開きやすくなった

    目頭にモウコヒダがあり、メイクがしにくかったのがきっかけですが、目尻も一緒に切開して、くっきりした目元にしてもらうことにしました。カウンセリングでは具体的にイメージしやすく説明してもらえて、自分の理想をかなえる方法を提案してもらえました。麻酔で眠っている間に手術が終わっていて、手術後の腫れが引いたら目が明らかに開きやすくなってメイクもしやすくなりました。(20代・女性)

  • 設備が整っていて信頼できるクリニック

    初めての二重手術で失敗したくなかったので、設備が整っていて腕のいい先生がいるクリニックを選びました。口コミの評価も高くて安心でしたが、口コミ通りカウンセリングも丁寧で緊張がほぐれました。切る手術は少し恐かったですが、施術中の痛みもなくすぐに終わってほっとしました。仕上がりも理想的な二重で今まで悩んでいた時間がもったいないくらいです。(20代・女性)

  • 埋没法が取れてしまって切開を決意

    他院で埋没法の二重手術を受けたのですが、すぐに取れてしまってやはり切開するしかないと思いました。切る手術は正直恐かったのですが、全身麻酔が選べて痛みや違和感もなく手術が終わってよかったです。手術後数日間はどうしても腫れが出るので、会社を何日かお休みすることをおすすめします。結果的に二重を維持することができて満足です。(30代・女性)

  • 福田先生に執刀してもらえた

    名医として有名な福田先生に手術をお願いしたくて予約を取って受診しました。知識が豊富でカウンセリングで適切なアドバイスを頂き、すぐに手術をお願いしました。手術もスムーズで麻酔もあって痛みを感じることもなく無事に終了。先生を信頼していたので不安はありませんでした。術後は多少腫れますが、希望通りの二重になれて本当に感謝しています。また何かあったらお願いしたいです。(20代・女性)

  • カウンセリングでデメリットも説明してもらえる

    どんな手術でもリスクやデメリットがありますが、ヴェリテクリニックではカウンセリングでデメリットもきちんと説明してくれるので信頼できます。デメリットやリスクも承知して、このクリニックと先生にお願いしたいと思いました。切開の手術は数日間は腫れることを覚悟していましたが、やはり外出できないほど腫れました。抜糸してすぐに腫れも引いて今では自然な二重ができました。(20代・女性)

美の名探偵からひとこと
「ハーフのような目元」を得意としているクリニックだけに、華やかな目にしたい人にはオススメです。メディアでも活躍されている福田先生はとにかく人気!ご指名が多いので少し待つことになるかもしれないわ。
美の名探偵
 

ヴェリテクリニック情報

ヴェリテクリニック 大阪院 所在地 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 18F
アクセス 北新地駅より徒歩5分
電話番号 0120-121-051
診療受付時間 10:00~19:00
休診日 なし
予約方法 電話、ホームページ予約フォーム
支払い方法 現金一括払い、銀行振込、クレジットカード、デビットカード、医療費ローン、オンライン決済
公式URL http://osaka-veriteclinic.com/index.html
 

「志賀由章医師」 リッツ美容外科

リッツ美容外科は2000年に東京で開院された美容クリニックで、現在は東京院、大阪院、名古屋院、高松院があります。
学会での数々の受賞歴や海外医療ジャーナルへの掲載や執筆実績も多数あり、水準の高い美容医療を追求している姿勢が見て取れます。医師だけでなくナースやカウンセラーの意識も高く、プロフェッショナル精神で患者さんを支えてくれています。
リッツ美容外科では、二重まぶたにするための施術法が多数そろっており、目頭切開では最小限の切開で済ませることができて傷跡が目立ちにくいミニZ法が採用されています。

リッツ美容外科の公式サイト 
リッツ美容外科のHP

    医療全般に精通した幅広い知識&丁寧なカウンセリングで誠実な治療を行う

  • 志賀医師

    リッツ美容外科大阪院の院長である志賀由章医師は、東京慈恵医科大学卒業後、消化器外科、乳腺外科、麻酔科を修得し現在の美容外科に大いに役立てていらっしゃいます。消化器や乳腺外科にて臨床経験を積み重ねながら美容外科に興味を持ち、大手美容外科大阪院開院と同時に院長に就任し、2000年にリッツ美容外科大阪院を開設されました。
    患者さんの心により近づける医療として美容外科を選択され、患者さんの心のケアにも力を注いでいます。
    志賀医師はすべての美容外科手術に精通していますが、目元の整形が女性にとって大きな意味を持つことも熟知されています。技術だけでなく患者さんのメンタル面も考慮されて、後々の生活に影響がないよう心を尽くしたカウンセリングを行ってくれています。

  • 医師経歴

    1987年3月 東京慈恵医科大学 卒業
    東京慈恵医科大学 第2外科専攻、消化器外科・乳腺外科・麻酔科修得
    大手美容外科 勤務
    1998年 大手美容外科大阪院 院長就任
    2000年2月 リッツ美容外科大阪院 開設

    所属学会、団体

    • 日本美容外科学会
    • 日本美容外科医師会

    理念

    志賀医師が目標とするところは「患者の心に近づける医療」です。美容形成外科医になられたきっかけも、患者の心に近づける医療であったため。そのため、志賀医師が大切にしているのは、患者の心のケアをすることです。カウンセリングでメンタルのケアをすることはもちろん、高い技術力によって人を美しくして、患者の心を満足させることをモットーとしています。

    医師紹介

    志賀医師は麻酔科の技術を習得されているので、美容医療で麻酔を用いるときでも、安心してお任せできるでしょう。また、美的センスの高さにも定評があるので、ミリ単位以下の調整が必要となる目頭切開でも、患者が最も美しくなれるようにデザインしてもらえます。

    得意な施術

    輪郭形成、バスト形成、脂肪吸引

リッツ美容外科の目頭切開はここが凄い

目頭切開の施術方法はたくさんあり、国内でもっとも広く用いられているのは「内田法」というものです。自然な仕上がりになることも多いですが、リッツ美容外科ではより切開する線が短く傷跡が目立ちにくいミニZ法が採用されています。
ミニZ法は、モウコヒダの部分を切除するものではなく、目頭の部分に切り込みを入れて△部分の皮膚を入れ替えるという画期的な方法で、後戻りが少なく大変自然な仕上がりとなる施術法です。デザインも調整できますし、切除する方法ではないため、ある程度元に戻すことも可能です。
施術時間は60分ほどで腫れも少なく、ダウンタイムも比較的短めなので、目頭切開で腫れるのが心配な方は、リッツ美容外科でミニZ法の目頭切開を検討してみることをおすすめします。
切開の手術で痛みが気になる人は、点眼の予備麻酔や眠っている間に手術を終わらせる静脈麻酔もあるため、痛みを感じずに施術を受けることができます。また、24時間相談可能なメールフォームもあるため、術後の不安も減らせます。

目頭切開を受けた来院者の声

  • 他院で受けた目頭切開を修正してもらった

    以前ほかのクリニックで目頭切開の手術を受け、目頭の赤い部分が見えてしまったのが気になり、ダメ元でリッツ美容外科の大阪院で相談してみました。すると、目頭修正の施術が可能とのことでお願いして手術してもらえました。院長先生に細かい施術も丁寧にやってもらえて、気になっていた部分が見えなくなりました。あきらめずに相談してみてよかったです。(20代・女性)

  • 高級感のあるクリニックでリラックス

    リッツ美容外科はほかのクリニックと比べて少しお値段が高めですが、その分高級感のある内装で落ち着いてリラックスできました。切開などの手術は初めてだったので最初は不安でいっぱいでしたが、受付の人もきれいで先生や看護師さんが優しく対応してくれてリラックスできました。施術も問題なく、理想の二重になれたのでいうことありません。(30代・女性)

  • リッツ美容外科でも特に評判のいい大阪院

    高い医療技術が評判のリッツ美容外科ですが、その中でも特に大阪院が好評で、院長の志賀先生はお父さんのような安心感があり、話しやすくて素直に相談できてよかったです。目が小さくて離れて見えるのが悩みでしたが、目頭切開を行うことで目と目の間隔が狭く見えるようになり、二重もくっきりして目が大きくなりました。いろいろなクリニックと迷いましたが相談してよかったです。(20代・女性)

  • 患者さんのことを考えた施術を提案してくれる

    リッツ美容外科は高級感のあるクリニックですが、それだけではなく患者さんの立場に立って親身になってくれる院長先生でした。志賀先生のブログを見ると、10代の若い女の子の二重手術には埋没法を勧めているとのことで、その理由が「急にかわいくなると周りから嫉妬される」という実に女性心理をついたもので、こんなに患者さん目線になってくれる先生もいるんだと感動しました。(20代・女性)

  • 傷跡の残りにくい目頭切開

    二重の手術はいろいろな方法がありますが、くっきりした並行の二重にしたくて目頭切開を選択しました。こちらでは傷跡の残りにくい施術方法を取り入れているとのことで、安心しておまかせしました。目立つ部分を切開すると傷跡が気になりますが、この方法なら切る部分が少なくて極力跡が残りません。やはり一重だとモウコヒダがじゃまで二重になりにくいので、目頭切開にして正解でした。(20代・女性)

  • 目頭切開でおすすめのクリニック

    幅のある並行二重にしたくてクリニックを探している時に、目頭切開ならここがいいよと勧められてリッツ美容外科にしました。先生は忙しそうであまりお話できませんでしたが、カウンセラーさんに詳しく話を聞いてもらって、手術に臨みました。傷跡の残りにくい施術方法ということで、自然な感じに仕上がり、幅広の二重になることができ感謝しています。(20代・女性)

美の名探偵からひとこと
セレブになった気分でキレイを目指せるクリニックね。カウンセリングが徹底しているから納得がいくまで相談できるし、自分の希望をしっかり伝えられるわ。
美の名探偵
 

リッツ美容外科 大阪院のクリニック情報

リッツ美容外科 大阪院 所在地 大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル 2F
アクセス 中津駅より徒歩3分
電話番号 06-4802-1622
診療受付時間 10:00~19:00
休診日 なし
予約方法 電話、ホームページ予約フォーム
支払い方法 現金一括払い、クレジットカード、各種信販ローン
公式URL http://www.osaka-ritz.com/

 

目頭切開の費用相場@大阪

目頭切開

目頭を覆って目を小さく見せる蒙古ヒダを取り除き、目を大きく見せます。二重にするのと同時に行うことで、より大きな目元を作ることができます。

費用相場

  • 最安値で12万円、もっとも高値が30万円です。

 

目頭切開を考える人の悩みとは

目頭切開を受けるか悩んでいる人の多くは、目の大きさやまぶたにコンプレックスを持っています。また、目頭切開についての知識が薄い人も多いです。

Q.目頭切開法と全切開の違いが分からない
目頭切開は文字通り、切り込みを入れて目頭を出す手術であり、二重を目的とした方法ではありません。全切開はまぶたの端から端を切開し、皮膚を癒着させて二重ラインを作る手術であり、目頭切開とは目的が異なります。

Q.目頭切開は二重にもなれるの?
蒙古襞により二重のラインがうまく露出していない場合、目頭切開で平行ラインの二重になれます。しかし、あくまでも目頭切開は目を大きく見せるための施術なので、二重目的なら全切開法を受けましょう。

Q.どの切開法がいいのか分からない。
皮膚の切除方法により、「三日月法」「Z法」「W法」「V法」「リドレープ法」に分けられます。傷口が目立ちにくく、自然な仕上がりとなるZ法やリドレープ法が主流です。

 

目頭切開を受ける前に知っておくべきこと

目を大きく見せて顔の印象を変えてくれるメリットだけではなく、デメリットも知った上で目頭切開を受けるかどうか判断するべき。ここでは、手術に失敗した時はどうすればいいのかを説明しているので、参考として覚えておくといいでしょう。

目頭切開を行うメリット・デメリットは?

メリット
蒙古襞で隠れていた部分の目頭が露出して、目が一回り大きく見えます。そして、目頭側の二重ラインの幅が広くなり、くっきりとした平行ラインのきれいな二重にもなれますよ。
目頭が大きく露出することで、鼻筋を挟んだ両目の距離が短くなり、顔を大人びた印象にする効果があります。

デメリット
抜糸後は傷口に内出血や赤み等が出る場合がありますが、落ち着くまでに1ヶ月、遅い人は3ヵ月の期間が必要です。また、いずれの切開方法でも、目頭に傷ができてしまうのが特徴。三日月法以外だと比較的傷は目立ちにくいですが、患者の皮膚の質や術後のケアにより、目立つ度合いは変わってきます。

目頭切開に失敗はある?もし失敗した場合の対処法

目頭の切り込みが足りなかった場合は、期間をあけてから再手術を検討しましょう。また、目頭を切り込みすぎた際は、再度メスを入れて修正することになります。大変難しい手術となるので、名医に施術を依頼するべきです。

切開の傷口が目立ちすぎる場合は、レーザー治療で傷口を薄くしていくしかありません。

蒙古襞が張っていない人、あるいは極端に小さい人は目頭切開をしても効果がないとされています。事前カウンセリングの時点で、自分には目頭切開が適切か医師の元で判断し、施術失敗のリスクを回避しましょう。

目頭切開を安全に確実に行うなら

失敗せずに安心して目頭切開をするなら、カウンセリングやシミュレーションを、しっかりと行うクリニックで施術を受けるようにします。目頭切開が適切かどうかを判断、どの方法で切開するべきかちゃんと提案してくれる医師の元で施術を受けられるのであれば安心です。

また、メスを入れる施術なので、医師の腕も仕上がりに関わってきます。目頭切開が得意で、きれいで自然な形で仕上げてくれる、そんな名医がいるクリニックを探して利用すれば、目頭切開で失敗をせずに済みますよ。

 

目頭切開の失敗例の口コミ

女性◆左右の形が違ってしまった…。メイクでも誤魔化しきれず
とてもカウンセリングがしっかりしたクリニックで、デザインもきちんと決めて目頭切開を受けたのに、仕上がりは大失敗でした…。左右の目頭の形が全然違うんです。目頭のピンクの部分も露骨に現れすぎて、かなり変です。目の形の問題なので、メイクで誤魔化そうにも限界があります。今や鏡を見る度に憂鬱になってしまいます。別のクリニックで修正してもらいたいのですが、もっと変な目になったら嫌なので、踏み出すことができません。あのクリニックを選んで、すごく後悔しています。

女性 ◆安さを基準にクリニック選びをしたのが間違いでした
目頭切開はどのクリニックでも結構高いので、少しでも安く手術をしてくれるクリニックを選びました。でも、私のその考えが失敗の始まりでした。術後は物凄く腫れてしまって、手術をしたことが周囲にバレバレ…。それはまだ良いにしても、腫れがひいた後の目の形が違っていたのです。クリニックに苦情を言ったのですが、先生は「その程度なら問題ないよ。大丈夫」の一点張りで話になりませんでした。やっぱりクリニックは、料金で選ぶのではなく、しっかりとした実績や信頼性で選ぶべきでした。

女性 ◆気軽な気持ちで受けた目頭切開。大失敗で外にも出られません…
プチ整形のような気軽な感覚で目頭切開を受けました。今よりもう少し目が大きくなったらいいな、という簡単な動機でした。ところが、受けて大失敗。イメージよりも長く目頭を切られてしまい、明らかに変な目になりました。修正手術をしたいのですが、お金もないし勇気もありません。今、外出をすることもできず、友達にも会えず、家に引きこもっている状態です。まるで鬱のような感じです。気軽な気持ちで整形を受けたことを、本当に後悔しています。

女性 ◆大成功! と思ったら1年後に元に戻ってしまいました…
目頭切開をして蒙古ヒダを切除してもらいました。術前に比べて目が大きくなり、二重幅もきれいになってとても満足でした。よく左右の形が違ったなどの失敗例を見ますが、その意味では、私の目頭切開は大成功だったと思います。ところが、です。手術から1年ほど経った頃、だんだん目頭の部分が腫れてきて、やがて手術前と変わらないような目になってしまったのです。高い料金を支払って怖い思いもしたのに、いったい私は切った意味があったのでしょうか?

 

失敗しないクリニックの選び方と注意点

目頭切開にはいくつかの手法があることをご存知でしょうか? 代表的な手法としては内田法、Z形成、アルツ法などがありますが、これらの中でおすすめの手法が内田法とZ形成です。
ところがクリニックの中には、簡易的なアルツ法を採用しているところも意外にあるため注意が必要。アルツ法の場合、最悪、傷だけが残って元に戻ってしまう恐れがあります。
目頭切開を希望する方は、カウンセリングの際に、どんな手法で手術をするのか必ず医師から確認することが大事。内田法またはZ形成を採用している、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

大阪の目頭切開の名医がいるクリニックをもう一度みる