プチ整形

手軽にキレイになりたい女性にとって、ダウンタイムや費用の負担が軽いプチ整形は人気の施術です。ひと口にプチ整形と言っても、注射のみでできるものからレーザー治療、二重まぶた整形までバリエーションは豊富。ここでは「プチ整形にはどんな種類があるの?」「良いクリニックを選ぶコツは?」など、大阪でプチ整形を検討中の方に役立つ情報を発信しています。

プチ整形とは

プチ整形
注射一本でできる治療や、レーザー治療機器を用いた照射系の治療など、メスを使わない・ダウンタイムがごく軽い美容整形治療をプチ整形とよびます。すぐに帰宅できて入院の必要がなく、メイクや入浴も普段通りに行えるものが大半。そのためお仕事や学校を休むことができない女性や、整形を周囲の人に気付かれたくない女性でもチャレンジしやすい治療です。

プチ整形の種類
注射系の治療としては、ヒアルロン酸注入による隆鼻術、豊胸、唇や涙袋のボリュームアップのほか、ボトックス注射によるシワ・たるみ治療、小顔整形、部分痩せ治療、またメソセラピー(注射による部分痩せ)などがあります。照射系の治療では、レーザー脱毛、肌質改善、シミ・そばかす治療などが人気。これ以外にも埋没法二重整形やフェイスリフトなど、医療用の糸を使った手術もプチ整形の一種です。

どのような人が向いているか
まとまったダウンタイムが取れない人
メスを使う治療に抵抗がある人
顔の雰囲気を変えずに、少しだけ変化が欲しい人

プチ整形の治療法

ヒアルロン酸注入
細い注射針でヒアルロン酸を注入し、鼻先に高さを出したり、唇をぽってりと分厚くしたり、涙袋を作ったりする治療法です。バストのボリュームアップやほうれい線・細かいシワの解消、目の下のくぼみ改善などにも利用されます。ヒアルロン酸は人体にもともと存在する成分なので安全性は確か。長くとも1年で体内に吸収され、元通りになります。
ボトックス注射
筋肉の動きを抑えるA型ボツリヌス毒素という成分を注射する治療法です。筋肉の動きによって悪化しているシワやたるみを改善したり、エラの筋肉に注射してフェイスラインをスッキリさせたり、ふくらはぎなど筋肉の大きい部位の部分痩せに利用されます。また、ワキや手のひらに注射することで多汗症の症状を緩和することも可能です。
メソセラピー(脂肪溶解注射)
脂肪を溶かす性質のある薬液を、痩せたい部位にピンポイントで注射。部分痩せや小顔効果を狙う治療法です。ダイエットの苦労なしで手軽に痩せられるため、忙しい女性に人気です。メソセラピー単体での利用だけではなく、食欲抑制効果が期待できるダイエット薬の内服を並行して行うこともあります。また、シワ・たるみ除去の注射としても注目されています。
フォトフェイシャル・レーザー脱毛
レーザーやラジオ波などを肌に照射する治療です。治療機の種類や使用法によって、肌荒れ改善・毛穴改善・肌の若返り・美白・シミやそばかすの軽減・シワやたるみの引き締め・脱毛など、効果はさまざまなものがあります。メニューが豊富なのでどんなお悩みにも対応しやすく、肌に与えるダメージもごく小さいのが特徴です。
埋没法二重整形
極細の注射針を用いて、髪の毛よりも細い医療用の糸を上まぶたに埋め込み、一重まぶたを二重にする治療です。くっきりとした幅広の二重から自然な奥二重まで、二重の仕上がりは患者の要望によって自在にデザインできます。10~15分程度のごく短時間で済み、切開法の二重整形に比べて術後の腫れも軽いのがメリットです。

プチ整形の名医を選ぶポイント

1)クリニックの治療実績をチェックする

プチ整形は比較的簡単な施術なので、経験が浅い医師でも実施できてしまいます。しかし思いどおりに仕上げたいなら、やはり熟練した医師に施術してもらうのがベスト。治療実績が多い大手クリニックなら安心です。クリニックによっては、気に入った医師を無料で指名できる場合もあります。

2)治療の選択肢が豊富なクリニックを選ぶ

プチ整形は費用も身体の負担も軽く、ひとつの治療を受けたらほかの治療にもチャレンジしたくなる女性が少なくないもの。そのため、いろいろなメニューが用意されているクリニックを選んでおくのがおすすめです。メニューの選択肢が多いほうがより自分の理想に近づきやすいというメリットもあります。

3)値段の安さだけにつられないよう注意して

プチ整形をほんの数百円~数千円の激安価格で提供しているクリニックもしばしばあります。しかし、「価格の安さ=使用している機材や薬液の安さ」というケースも少なくないので、値段だけでクリニック選びをするのは禁物。アフターケアや保証制度の有無にも注意しましょう。

美の名探偵
美の名探偵からひとこと
手軽に挑戦しやすい治療だから、友達のなかにも「じつは私も受けたことがある!」なんて人が多いんじゃないかしら?周囲の人やネットの口コミを参考にしながら、自分に合った治療を探してみるといいわ。