ピアス

ピアスといえば「自宅で開けるもの」というイメージを抱くかもしれませんが、じつは美容外科や皮膚科にお願いしたほうがずっと安全で正確。医療機関で開ければ腫れやしこり、感染症などの後遺症のリスクが低く、しかも自分で開けることが難しい軟骨部位にも簡単に開けてもらうことが可能です。ここでは、医療機関で開けるピアスにはどんなものがあるのか、さらに大阪の名医の選び方などをまとめています。

病院で行うピアスの穴開けとは

ピアススタジオなど、民間業者がピアスの穴を開けるサービスを行っていることがありますが、他人へのピアスの穴開けは医療行為。医師免許を持たない人が営業行為として行うことは違法です。自分で開けるためのピアッサーも販売されていますが失敗しやすく、感染症・金属アレルギーなどのリスクも否定できません。トラブルなくピアス穴を作るには、皮膚科または美容外科での施術が理想的です。正しい処置を受けたほうが傷口も早く治ります。

どんなピアスが開けられるの?
耳たぶ、耳軟骨などのほかに、眉、鼻、唇、舌といった顔へのピアスや、へそ、乳首、性器などへのボディピアスも可能です。ファーストピアスは病院で用意される場合と、患者自身が持参する場合とがあります。金属アレルギーの恐れがある場合は、チタン製やステンレス製のファーストピアスを使用することになるでしょう。
どのような人が向いているか
失敗せずにきれいにピアス穴を開けたい人
自分で開けることが難しい部位に開けたい人
本人または家族に金属アレルギーがある人

美容皮膚科でのピアスの穴開け方法とは

顔のピアス

耳たぶ
耳たぶのピアスは最も開ける人が多く、数多くの美容外科や皮膚科で標準的に対応しています。技術的には特に難しいことはなく、すぐに終わり、傷の治りも早めです。耳たぶは痛覚神経の分布がまばらなので、痛みを感じることもほとんどないと考えて良いでしょう。
ただし耳たぶが厚い福耳の人は、軸に十分な長さのあるファーストピアスを選ぶ必要があり、傷口の面積が大きくなるぶん化膿もしやすくなります。病院での穴開けであればそういった部分もしっかり配慮してもらえるため、適切な施術が受けられるはずです。
耳軟骨
耳軟骨は耳たぶよりは少し難しいピアスで、軟骨を貫通する際に痛みを伴うこともしばしば。クリニックによっては麻酔を使用して開けることもあります。軟骨用のピアッサーかニードル(専用針)のどちらかで開けることになるでしょう。
耳の上の縁の軟骨に開けるヘリックス、耳の穴のすぐ上にある出っ張りに開けるトラガス、二箇所の穴を棒でつなげるインダストリアル。開ける部位によって呼び名は異なり、どの部位に対応しているかはクリニック次第です。
その他の顔のピアス
鼻の穴の縁に開けるノストリル、鼻中隔(左右の鼻の穴の間)に開けるセプタムや、眉付近に開けるアイブロウ、唇の内側・外側、頬などに開けるもの、舌に開ける舌ピアスなど、部位や開け方によって無数の種類に分類できます。耳へのピアスに比べると特殊なタイプとなるため対応できる病院は限られますが、相談すれば対応してくれることも。
唇や舌のピアスは特に化膿しやすいため、医療機関で正しい処置を受けられることは大きなメリットとなります。

ボディピアス

へそピアス
へその穴に開けるものが一般的ですが、へその上に2つの穴を開けてバーを貫通させるタイプもあります。バナナ、あるいはカーブバーベルとよばれるカーブ状のボディピアスをつけることになるでしょう。へそ周りはベルトや服などに常に当たってしまう部位であり、またどうしても傷が深くなるため、術後は化膿しやすいのが弱点。医師の指示を守り、しっかりアフターケアをすることである程度ダメージを軽減させることができるでしょう。

ピアスの名医の選び方【大阪編】

耳やへそピアスなどは受ける人も多く、比較的失敗の少ない施術です。しかし美しく仕上げるテクニックやアフターフォローの手厚さは、クリニックによって少しずつ違いが出てきます。事前に施術内容や口コミなどの情報収集をして、どのクリニックに依頼するかを慎重に決めると良いでしょう。

対応箇所によってクリニックを選ぶ

耳やへそなど、簡単なピアスの穴開けには多くの美容外科や皮膚科で対応しています。一方で、特殊な部位へのボディピアスを希望しているのであれば、クリニックによっては対応していないこともしばしば。まずはクリニックへ問い合わせを行い、受けたい施術が受けられるところを探すのが第一歩です。

皮膚科か美容外科、どちらにするか

仕上がりの良さを第一に考えるなら、見た目の美しさを追求する美容外科を選んでおくと良いでしょう。家族に金属アレルギーの人がいたり、皮膚炎を起こしやすい体質であったり、口周りやへそなどの化膿しやすい部位へのピアスを希望しているなら皮膚科での施術がおすすめです。ただし、両者の施術内容にほとんど違いはないので、地理的に近くて通いやすいほう、あるいは費用が安いほうを選んでも構いません。

混雑しすぎていないクリニックを選ぶ

ピアスの穴開けは、早ければ5分程度で終わってしまう非常に簡単な施術です。だからこそ、患者数が多くて忙しいクリニックでは、あっという間にササッと済まされてしまう可能性も。なるべく丁寧に開けてもらうことを望むなら、完全予約制のクリニックを選びましょう。完全予約制なら患者ひとりあたりの持ち時間が決まっているので安心です。

大阪のピアスの穴開けの名医
梅田フェミークリニック

クリニック紹介

梅田フェミークリニックは、大阪駅、梅田駅のどこからでもアクセスしやすい場所にあります。豊富なメニュー数は幅広い年齢層の方に対応できるもので、実際に梅田フェミークリニックに来院する方は学生から主婦とさまざまです。

ピアス穴あけ治療の特徴

梅田フェミークリニックで行うピアス穴あけ治療は、医療用具で完全滅菌された医療用ファーストピアスを使用。清潔で安心安全の施術です。穴あけで心配な痛みや出血はほとんどないので、初めてピアスを開けるという方でも安心です。

施術費用

ピアス穴あけの施術は、耳たぶ一か所で5,000円、二か所で9,000円です。耳軟骨ヘリックスの場合、一か所で9,000円、二か所で17,000円です。両ワキ脱毛のセット施術も行っており、22,000円とお得な価格になっています。

クリニック情報

クリニックの所在地 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
診察時間 月~土 11:00~20:00
日・祝 11:00~19:00
休診日 なし

心斎橋コムロ美容外科クリニック

クリニック紹介

手術症例数1万件以上、高い技術力を有する心斎橋コムロ美容外科クリニックでは、豊富なメニューで患者のさまざまな悩みを解決しています。大阪市の中心地の一つ、心斎橋に位置するクリニックで、駅からも近いのでアクセス良好です。

ピアス治療の特徴

心斎橋コムロ美容外科クリニックのピアスの穴あけは、医師または看護師により行われます。医療従事者による安心安全な施術で、更に使用する機器は完全滅菌。感染や金属アレルギーが起こった場合の治療にも対応しています。

施術費用

耳ピアスの場合、片耳で3,000円、両耳で5,000円となります。こちらはファーストピアスの料金込みです。軟骨ピアスは一か所で12,000円、ボディピアスも一か所で12,000円。いずれも麻酔とファーストピアスの料金込みです。

クリニック情報

クリニックの所在地 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
診察時間 9:00~19:00
休診日 不定休
美の名探偵からの一言
普通、ピアスの穴開けは1回だけの通院で済むのだけれど、もし化膿したり穴が裂けたりといったトラブルが起こったときには、クリニックにすぐ駆け込まなくてはならないわ。できるだけ通いやすいところを選んでおけば安心ね。
美の名探偵

ピアスの費用相場@大阪

耳のピアス

費用相場

  • 耳たぶのピアスの穴開けなら3,000円~15,000円以内です。軟骨への穴開けはやや高額で、10,000円~20,000円となります。まれに、市販のピアッサーを持ち込めば1,000円程度の手間賃で開けてくれるクリニックもありますが、事前の相談は必須です。金属アレルギー対策として、ステンレスやチタンなどファーストピアスの素材を選択できる場合もあります。選んだ素材によって価格は上下することを念頭に置いておいてください。

その他のピアス

費用相場

  • 部位によってまちまちですが、総じて10,000~20,000円程度です。穴のゲージ(直径)が患者の希望により選べる場合があります。ファーストピアスを提供しないクリニックであれば、患者自身が体質に合わせた適切なファーストピアスを準備しなくてはなりません。事前によく確認しておきましょう。必要に応じて局所麻酔を使用しますが、クリニックによっては麻酔代として価格が少しプラスされることもあります。

ピアスの穴開けを考える人の悩みとは

どんなトラブルがあるの?

ピアスの穴開け自体のトラブルとしては、穴開けの位置が希望の位置からズレることがあげられます。しかし、これは事前カウンセリングで十分に相談しておけば回避も可能です。施術後のトラブルとしては、患部の化膿、しこり(肉芽)の発生、ケロイドなどがあります。いずれも適切なアフターケアを行うことで、ある程度はリスクを軽減できるでしょう。また、髪や服にひっかかるなどの事故によってピアスが引っ張られ、穴が裂けてしまうこともあります。

術後はどのように過ごしたら良い?

術後は基本的にこれまで通りの生活を送ることができますが、ドクターの指示によっては、髪や患部をせっけんで洗うことを2日程度制限されることがあります。また、穴の傷がしっかりと安定するまではファーストピアスからほかのピアスに取り替えることはできません。術後1ヶ月程度は、ファーストピアスのままで過ごすことを頭に入れておいてください。

ピアスの穴開けを受ける前に知っておくべきこと

ピアスの穴開けはすぐに終わる手軽な施術。とは言え、トラブルや失敗を防ぐためには患者自身で事前知識をつけておくことが最も大切です。自分の受ける施術にどんなメリットやデメリットがあるのかを把握しておきましょう。

ピアス穴開けを行うメリット・デメリットは?

メリット

好きな部位にピアスを開ければ、より幅広いファッションを楽しむことができます。特に市販のアクセサリーはイヤリングよりもピアスのほうが選択肢が多いため、アクセサリー選びも楽しくなるはずです。「誕生日の記念」「成人の記念」「結婚の記念」など、なんらかの記念として穴を開ける人もいます。

デメリット

ピアスの穴開けでは以下のようなトラブルが起こります。トラブルが起こったときにすぐにわかるよう、あらかじめある程度の知識をつけておくと安心です。
化膿
穴に膿がたまり、患部の周囲が炎症して赤く熱を持つ症状。ピアスを外して治癒を待ち、ふさがってしまった穴を2~3ヶ月後に再度貫通させる方法か、ピアスを外してシリコンのチューブに付け替えて治癒を待つ方法があります。
しこり
肉芽ともよばれる症状です。穴付近の肉が固く盛り上がり、段々と膨らんできます。悪化すると赤く変色しケロイドに。薬では対処できないため切除手術が必要です。
裂傷
寝ている間や風呂や着替えのときなどに、ピアスをひっかけて穴が裂けてしまうことがあります。早急に、麻酔を使用して縫合手術を行いましょう。

失敗しないクリニックの選び方と注意点

ピアスの穴開けは、開ける技術もさることながら、術後に患者が自分自身でどれだけ患部を清潔に保護できるかも大切です。初めてピアスを開けるのであれば、アフターケアの指導をしっかりしてもらえる、面倒見の良いクリニックを選びましょう。また、術後に患部の違和感を覚えたらすぐに問い合わせられるよう、通いやすい・相談しやすいクリニックのほうが安心です。