大阪で眼瞼下垂の治療をするならこの名医!
眼瞼下垂の名医3選

眼瞼下垂を美しく治療できるのは美容クリニックならでは!美容クリニックで安全な治療を受けるためにも、しっかりとした腕を持つ医師選びが重要です。大阪で眼瞼下垂の名医がいるクリニックはどこ?

 

眼瞼下垂治療とは

眼瞼下垂の手術は、眼瞼挙筋腱膜前転術、眼瞼挙筋短縮術、前頭筋吊り上げ術の3つに分けられます。眼瞼挙筋腱膜前転術は、上まぶたを開ける際に使う筋肉を縮める治療法です。余分な皮膚の切除を一緒に行うことで、ぱっちりとした目元にします。経結膜的眼瞼下垂手術は、まぶたの裏側から糸で留める方法です。目に見える部分の皮膚を切開せずに行うため、傷跡が見えないことがメリットといえるでしょう。眼瞼挙筋を短く切除し、神経組織であるミュラー筋を切り離したうえでもう一度留めます。そのため、技術力に信頼のおける医師を選ぶことが求められます。最後が、埋没式挙筋短縮法です。切らない手術として人気を博しており、施術時間も短時間で済みます。二重まぶたの埋没法のように、まぶたを上げる筋肉を糸で縫いつける方法ですが、時間経過によって元に戻る可能性があることを覚えておきましょう。また、キツイ印象を与えるツリ目に悩む方も多くいます。その場合、たれ目形成を行うことで目元を優しくすることが可能です。下まぶたの皮膚、あるいは粘膜をカットし、縫合します。

どのような人が向いているか
眼瞼下垂に悩んでいる人
眠たそうに見える目元のたるみが気になる人
ツリ目がコンプレックスの人
 

眼瞼下垂の施術内容

挙筋短縮法(挙筋前転法)

目を開けるときに使う筋肉「眼瞼挙筋」を切開して短縮し、まぶたを開きやすくする手法。まぶたを持ち上げるときに使う筋肉「ミュラー筋」を傷めるリスクもあることから、医師においては高い技術力が必要となります。

経結膜的眼瞼下垂手術

まぶたの裏側にある結膜を切開してミュラー筋を瞼板から外し、その裏にある権幕を瞼板に固定しなおす手法。すべてまぶたの裏側で行なわれる手術のため、傷跡が見えないというメリットがあります。

埋没式挙筋短縮法

緩んでしまった拳筋を糸で結んでまぶたを引き上げる手法。切らない眼瞼下垂治療の代表です。手術時間は20分程度。手術当日から入浴や洗顔ができるなど、手軽に行なえる眼瞼下垂治療として人気です。

 

大阪の眼瞼下垂の名医の選び方

美容外科医としての実績ある名医を選ぶ

眼瞼下垂を修正すると、目元の印象はもとより顔全体の印象がだいぶ違ってきます。とても若返ります。美容外科医として眼瞼下垂治療の経験豊富な医師に手術をしてもらうことで、一層若返りの効果が期待できます。

カウンセリングがしっかりしたクリニックを選ぶ


眼瞼下垂の治療を行なうことで、どのように印象が変わるのかなど、各患者に対して、しっかりとしたカウンセリングを行なってくれるクリニックを選びましょう。カウンセリングで誠意あるクリニックは、手術でも誠意があります。

適正な価格のクリニックを選ぶ


同じ眼瞼下垂の手術であっても、クリニックによって料金体系が大きく異なります。料金が高すぎるクリニックは少々問題ですが、逆に安すぎるクリニックも不安です。多くのクリニックの料金を比較し、適性価格を感覚的につかんでから比較をしましょう。

美の名探偵からの一言
目元の手術をすると、仕上がりによっては顔の印象が大きく左右されるわ。だからこそ症例豊富なクリニックを選ぶことが大事。眼瞼下垂だけではなくて、他の目元整形のメニューも豊富にあるかどうかで、そのクリニックの実績がある程度イメージがつくわよ。
美の名探偵
 

厳選!大阪で眼瞼下垂治療を受けるならこの名医

「鬼頭恵司医師」 恵聖会クリニック

2000年開院。高い技術力とアフターケア、適正な価格が支持され、患者さん同士の紹介やリピーターの多いクリニック。心斎橋院と京橋院があります。
カウンセリングが丁寧なこと、医師の経験が豊かなことで眼瞼下垂においても適切な治療法を提案しています。眼瞼下垂では、保険の適用も可能な治療法も実施しています。

恵聖会クリニックの公式サイト
恵聖会クリニックのHP
  • 鬼頭医師

    鬼頭恵司医師。国立岐阜大学医学部卒業後、大学病院などでICU・小児科・婦人科・外科一般を研修し、麻酔手技や微細外科手術手技なども修得。豊かな経験と実績がありながら患者に寄り添う姿勢で多くのファンを獲得しています。

恵聖会クリニックの眼瞼下垂・まぶた治療

眼瞼下垂の保険診療が受けられます。「切らない(傷がつかない)眼瞼下垂手術」も行っており、まぶたの裏側から手術を行うため、傷跡も残らず術後の腫れも少ないのが特徴です。
そのほか、流行りの「下眼瞼開大術(垂れ目形成術)」「涙袋形成術」も行っており人気があります。

  • 眼瞼下垂:健康保険適用
  • 下眼瞼開大術(垂れ目形成術):結膜側/230,000円・皮膚側/280,000円
  • くぼみ目(脂肪注入):200,000円
  • くぼみ目(ヒアルロン酸注入):0.1cc 5,000円~
  • 上目瞼タルミ取り:250,000円
  • 下目瞼タルミ取り:250,000円
  • 下目瞼タルミ取り(ハムラ法):350,000円
  • 結膜側による目の下の脱脂法:150,000円
  • 涙袋形成(ヒアルロン酸注入):0.1cc 5,000円~

来院者の声

  • 眼瞼下垂

    眼瞼下垂を保険適用で治療できることと、先生の評判がよかったことからこの病院に決めました。結局、保険適用外の美容寄りの施術に変えたのですが、希望を取り入れてくれて自然に仕上がるよう配慮してくれました。とにかく丁寧で親切。腫れが引くのも早かったし、肩こりや頭痛が治って世界が変わりました。先生の腕は評判以上に素晴らしいです。(女性)

  • 眼瞼下垂

    だんだんまぶたが重くなってきて頭痛や肩こりもするようになってきて、眼瞼下垂の手術を受けることにしました。術後3日目ぐらいまでは腫れもありましたが、4日目に抜糸すると目元は驚くほどスッキリ。頭痛や肩こりも治って本当に楽です。目が少し大きくなって若さもゲットできました(笑)!(女性)

  • 目の下の
    たるみ取り

    ずっと気になっていた目の下のタルミ取りをやっていただきました。丁寧なカウンセリングを受け、脱脂とタルミを除く手術を選択しました。術後はそれほど腫れることもなく目の下もスッキリ。まだ手術したばかりなので、1カ月検診で気になることがあったら相談したいと思います。(女性)

美の名探偵からひとこと
眼瞼下垂の治療に保険の適用ができる美容クリニックは大阪ではごくわずかです。目元のたるみ取りのほかにも、流行りの「垂れ目」を作る「垂れ目形成術」も好評のようです。
美の名探偵
 

恵聖会クリニックのクリニック情報

恵聖会クリニック 心斎橋院 所在地 大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
アクセス 心斎橋駅より徒歩3分
電話番号 06-6252-5650
診療受付時間 10:00~19:00
公式URL http://www.keisei-cs.com/
恵聖会クリニック 京橋院 所在地 大阪市都島区東野田町 2-3-19 MFK京橋駅前ビル5F
アクセス 京橋駅より徒歩1分
電話番号 06-6242-5620
診療受付時間 10:00~19:00
公式URL http://www.keisei-cs.com/
 

「高須幹弥医師」 高須クリニック

1976年開院。おなじみの高須克弥院長による高須クリニックは、より安全で効果的な施術を実施し、日本の美容業界を牽引しています。医師の育成にも熱心で優秀なドクターが多数在籍。大阪院所在地は大深町です。

高須クリニックの公式サイト 
高須クリニックのHP
  • 高須医師

    高須幹弥医師。名古屋院の院長ですが、大阪院でも手術を行っています。藤田保健衛生大学医学部卒業後、同麻酔救急科に勤務し麻酔科標榜医の認可を受けています。
    じっくりと納得するまで時間をかけるカウンセリングと、安全で痛みの少ない治療は評判。手術の症例数は日本でもトップクラスです。技術力に加えて美的センスも抜群で、全国から患者さんを集めています。

高須クリニックの眼瞼下垂・まぶた治療

まぶたに関するメニューも豊富なので、悩みに合わせてピッタリな施術を選べます。

  • 眼瞼下垂:片目 350,000円
  • 眼瞼下垂(筋膜移植):片目 550,000円
  • 上まぶたたるみ取り:片目 175,000円
  • 上眼瞼リフト(眉下切開による上瞼たるみ取り):片目 175,000円
  • 下まぶたたるみ取り:片目 250,000円
  • 上まぶたの脂肪取り:片目 125,000円
  • 下まぶたの脂肪取り;片目 250,000円
  • くぼみ目修正(ヒアルロン酸注入):100,000円
  • くぼみ目修正(脂肪注入):500,000円※脂肪吸引代込み
  • なみだ袋形成(ヒアルロン酸注入):100,000円
  • 垂れ目形成(グラマラスライン/下眼瞼下制術):片目 125,000円
  • 垂れ目ボトックス・ボツリヌストキシン注射:50,000円

来院者の声

  • 上眼瞼リフト

    ツリ目や地味な顔を変えたくて、上眼瞼リフトと二重の幅を広げる手術を受けました。腫れも少なかったし手術の痕も目立ちません。高度な手術をしてもらえたのだと思います。とても満足しています。(女性)

  • 眼瞼下垂

    目を大きくしたくて眼瞼下垂の手術を受けました。PCでシミュレーションできたのでイメージがつきやすかったし、カウンセリングがとても丁寧でした。私は高須幹弥先生に担当してもらいましたが希望通りの目の大きさになったし、満足しています!(女性)

  • 眼瞼下垂

    手術前のカウンセリングも丁寧だったし、仕上がりにも大満足です!術後のケアも丁寧だし、手術中もすごく安心できました。何かあったら、今後もお世話になりたいと思うクリニックです。(女性)

美の名探偵からひとこと
まぶたのたるみやくぼみなどを改善する施術方法がとにかく豊富だから、一人ひとりに合った治療法が選べそう。高須幹弥先生は全国から患者さんが集まるほど人気。手術まで少し待つかもしれないわね。
美の名探偵
 

高須クリニック 大阪院の情報

高須クリニック 大阪院 所在地 大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA12F
アクセス 大阪駅より徒歩2分
電話番号 0120-558725(初診専用ダイヤル)
診療受付時間 9:30~22:00(電話受付時間)
公式URL http://takasu-osaka.com/
 

「出口正巳医師」 カリスクリニック

2005年、梅田に開院。美容機器がとても充実しており、手術用顕微鏡を使ったまぶたのタルミ取りや眼瞼下垂などの精度の高い手術が受けられます。国内では珍しい筋肉撮影ができるレントゲンも完備しています。

カリスクリニックの公式サイト
カリスクリニックのHP
  • 出口医師

    出口正巳医師。長崎大学医学部卒。同医学部付属病院や長崎労災病院の形成外科部長を経て白壁美容外科院長に就任。2005年、カリスクリニックを開院しました。美容外科医としての豊富な実績と技術の高さに定評があります。

カリスクリニックの眼瞼下垂・まぶた治療

施術メニューが豊富で、涙袋についても3種類の施術法が選べます。

  • 眼瞼下垂(挙筋腱膜前転法):381,000円
  • 眼瞼下垂(筋膜移植法):466,000円
  • 上まぶたのタルミ取り(埋没法):120,000円
  • 上まぶたのタルミ取り(切開法):281,000円
  • アイリフト(眉下切開法);241,000円
  • アイリフト(眉上切開法);241,000円
  • 下まぶたのタルミ取り(下瞼タルミ取り):281,000円
  • 下まぶたのタルミ取り(ハムラ法):381,000円
  • 涙袋形成(ヒアルロン酸注射):56,000円
  • 涙袋形成(脂肪注入):218,600円
  • 涙袋形成(真皮脂肪注入):218,600円

来院者の声

  • 眼瞼下垂

    下がっていたまぶたが改善して、まるで10年前に戻ったよう!視界が明るくなったし、首筋のコリも解消されました。先生や看護師さんたちの対応もとてもよかったです。(女性)

  • 眼瞼下垂

    「ウルトラVリフト」という手軽なフェイスリフトと眼瞼下垂の治療を受けました。対応もよかったし、先生がとても信頼できました。施術を受けてよかったです!(女性)

  • 眼瞼下垂

    院長先生とのカウンセリングで不安だった要素を一つひとつ消すことができました。院長先生やスタッフの対応にも大満足!手術にも安心して臨むことができました。(女性)

美の名探偵からひとこと
まぶたのたるみに関する施術方法が豊富なのが特徴!保険適応の眼瞼下垂治療もあるので、予算や希望に合わせて選べるのも魅力ね。
美の名探偵
 

カリスクリニックの情報

カリスクリニック 所在地 大阪市北区梅田2-4-37 4F
アクセス 大阪駅より徒歩3分
電話番号 0120-7867-48
診療受付時間 9:30~19:00
公式URL http://charis-clinic.com/

眼瞼下垂の費用相場@大阪

眼瞼下垂

保険が適用されるケースもあるので、保険診療ができる病院では負担はかなり軽減されます。ただし、一般的な形成外科よりも美容外科のほうが仕上がりが美しいので、保険診療を取り入れているクリニックが狙い目です。

費用相場

  • 自己負担の場合で両目で27万円が最安値、もっとも高額な値段は70万円です。

美の名探偵
美の名探偵からの一言
眼瞼下垂治療のいちばんの特徴は、健康保険が適用されるケースがあることよ。自己負担だとどうしても高額になるので、利用しない手はないわ。美容外科で保険適用になるクリニックは少ないので、保険適用になるかどうかは事前にチェックすること。ただし、全ての眼瞼下垂が対象ではないので、注意してね。日常生活に支障があると保険適用される場合が多いので、まずはカウンセリングで相談してみて。
 

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、まぶたを持ち上げる「眼瞼挙筋」という筋肉が弱まり、目が十分に開かなくなる状態のこと。目尻が垂れ下がることで、眠たそうな印象を与えたり、目つきが悪く見られてしまいがちです。「年齢より老けて見られる」「肩こり・頭痛がする」「シワが増える」といった悩みもつきません。

眼瞼下垂には、「先天性」と「後天性」のものがあります。後天性の原因は、コンタクトの長期着用による外傷、加齢、神経疾患など。

一般的に多いのは、遺伝をはじめとする先天性の症状です。後天性の眼瞼下垂の場合、疲労が原因だと、全身に力が入らなくなる「重症筋無力症」の恐れもあります。また、眼瞼下垂の症状が急に表れた場合は、脳梗塞や脳動脈瘤が起こっている可能性があるため、注意が必要です。「まぶたが重い」「目が開きづらい」と感じたら、早めに医師の診察を受けましょう

眼瞼下垂・まぶた治療を受ける前に知っておくべきこと

眼瞼下垂・まぶた治療を受ける前に最低限知っておくべき「メリット・デメリット」と「治療に関するリスクの対処法」をご紹介。安全かつ確実な治療を受けるために必要なこともまとめています。

眼瞼下垂・まぶた治療を行うメリット・デメリットは?

メリット
眼瞼下垂・まぶた治療のメリットは、まぶたが楽に持ち上がるようになり、目の疲労が軽減されること。また、100%ではありませんが、眼瞼下垂の治療後に肩こりや頭痛改善も期待できます。また目を開けやすくなる分、無理におでこの筋肉を使わなくなるため、しわも減少。見た目が若々しくなり、周囲に与える印象も良くなりますよ。

デメリット
デメリットとして、術後のダウンタイム期間中の外出時には、サングラスや眼帯で目を覆わなければいけません。メスを使った治療の場合は、一時的に傷が残ります。経過とともに傷は消えますが、術後1~2ヶ月程度は赤みが続くでしょう。

眼瞼下垂・まぶた治療に失敗はある?もし失敗したらの対処法

どんな手術にも、少なからずリスクや失敗例は存在。眼瞼下垂やまぶた治療で考えられるリスクと対処法をまとめました。

・感染症
もし、手術の傷口に細菌が入った場合、感染症へ発展する恐れがあります。感染した場合の対処法は、抗生剤治療で。まれに膿が溜まっている場合もあるので、その際はメスを入れて摘出します。

・内出血
注射器の針が細い血管に当たった際、内出血する場合があります。1~2週間経つと消えてなくなるので、それまではまぶたに負担をかけず安静に過ごすようにしましょう。

眼瞼下垂・まぶた治療を安全に確実に行うなら

安全に確実な眼瞼下垂・まぶた治療を受けるなら、「名医のいるクリニックを選ぶこと」が何よりも大切です。治療を受けて失敗した人のほとんどは、医師のスキルや経験不足が原因。失敗のリスクを避けるためには、症例数が豊富で技術力の高い医師を探しましょう。名医の基準は、「複数の治療法に対応できるか」「カウンセリングが丁寧か」です。口コミなどを参考にすれば、たくさんあるクリニック中から名医のいるクリニックが見つかるはずです。

 

眼瞼下垂の失敗例

女性◆切りすぎ? 目が開きすぎて不自然になりました
3ヶ月ほど前に眼瞼下垂の手術を受けました。術後しばらくは目が腫れていて気づかなかったのですが、腫れがひいてみると、目が開きすぎて不自然であることが判明。常に、びっくりしたような目になっています。医師に相談したのですが「しばらくしたら落ち着く」とのこと。以後2週間経ちますが、まったく状況は変わりません。そもそも、腫れがひいて開きすぎた目が「落ち着く」なんてことはあるのでしょうか? 開きすぎた目を修正できるのかどうかも分からず、途方に暮れています。

女性 ◆形成外科で眼瞼下垂手術。あまりにもひどい仕上がりです
保険診療で安く眼瞼下垂手術を受けました。今となっては、高い治療費を出して美容外科で受けるべきだったと後悔しています。左右の形が全然違います。二重ラインも左右バラバラです。傷跡もひどく残りました。もう若くないので、仕上がりの見た目は気にするつもりはなかったのですが、ここまでひどい仕上がりだと、いくらなんでも…、といった気持ちになります。眼瞼下垂を検討中の方は、たとえ料金が高くても、見た目重視で手術をしてくれる美容外科で治療をすることをお勧めします。

女性 ◆左のまぶただけ三重になってしまいました
1ヶ月前に眼瞼下垂の手術を受けました。手術の直後はしっかりとまぶたが開くようになり、頭痛も解消されてとても満足でした。ところが、手術の腫れが落ち着いてきたあたりから、左のまぶたが三重になってしまったのです。先生に相談したところ「3ヶ月くらいすれば落ち着く」と言われましたが、ぜんぜん真剣に話を聞いてくれません。本当に落ち着くのかどうか、今は不安な日々を過ごしています。失敗だったならば再手術も検討しますが、何度もまぶたにメスを入れて良いものなのでしょうか? 不安が尽きません。

女性 ◆知名度ではなく実績・評判でクリニックを選ぶべき
有名な病院で眼瞼下垂の手術をしてもらったのですが、大失敗でした。術後の見た目も視界もまったく改善されませんでした。腫れもひどく、まぶたも上がりませんでした。残念な思いの中、今度は知名度ではなく口コミ評判で病院を選び、二度目の眼瞼下垂手術を受けました。結果は大成功です。眼瞼下垂手術を検討されている方は、知名度でクリニックを選ぶのではなく、ドクターの実績や口コミ評判などを参考にしてクリニックを選んだほうが良いですよ。

 

失敗しないクリニックの選び方と注意点

眼瞼下垂の手術を受けた方々の口コミを見てみると、ときどき「まぶたは開くようになったものの、以前とは違う目になった」などの声を見かけます。これを失敗と考えるかどうかは別として、少なくとも、保険の効く眼科や形成外科では、単に視界の機能回復を目的として手術をするだけなので、美容面での希望は通らないことを理解しておいてください。手術後に昔のような綺麗な二重を取り戻したい、といった希望があるならば、美容クリニックで施術を受けるのが基本です。
理想的な目元を取り戻したい方は、信頼できる美容の名医を選ぶようにしましょう。

大阪で眼瞼下垂の名医がいるクリニックをもう一度みる