エイジングケアの方法を紹介!

30代後半になり肌の老化に悩む女性にとって、フォトフェイシャルは特別なエイジングケア方法としてオススメです。ここではエイジングケア方法としてのフォトフェイシャルについて解説しています。

エイジングケア方法を探す!

30代後半からアラフォーと呼ばれる頃になり、肌の衰えが気になってきた女性にとって、特別なエイジングケアの方法として「フォトフェイシャル」が人気です。医療機関だけで受けられる、“光”を使ったエイジングケア「フォトフェイシャル」とはどのようなものなのか、詳しく確認していきましょう。

フォトフェイシャルとは?

フォトフェイシャルは医療機関だけで受けられる特別な光治療の1つです。その効果は、顔の肌の老化現象として見られるシミ・そばかすや、くすみ、小じわ、赤ら顔、毛穴の開き、その他にもニキビ跡や吹き出物の跡としての色素沈着(黒ずみ)など、様々な肌の悩みを光の力で“まとめて改善”します。 また、フォトフェイシャルは施術時間やダウンタイムが短く、施術中の痛みや副作用の心配も少ないので、美容医療に不安を抱いている初心者にもかなり試しやすい施術と言えるでしょう。 会社勤めの女性でも週末などにさっと受けられるフォトフェイシャルは、あくまでも自然な状態で美しくなりたい女性にとって、とても魅力的なエイジングケア方法です。

フォトフェイシャルは特別なエイジングケア方法

〈光治療とは?〉

光治療(フラッシュ治療)とは、文字通り様々な種類(波長)の「光」を肌に当てて、それぞれの光の作用により肌の悩みを改善しようとする治療方法です。 代表的な光治療としては、フォトフェイシャルの他にもレーザー治療などがあり、それぞれに特徴も異なります。 まずは専門医にしっかりと相談した上で、目的や症状に応じた光治療を行うことが肝要です。

〈光には幾つもの種類(波長)がある?〉

一口に「光」と言っても、実は光の種類は1つではありません。 例えば、目に見える「可視光線」だけでなく、日焼けの原因になる「紫外線」や、テレビのリモコンに使われている「赤外線」など、この他にも光は色々なものに分けられます。この違いを生み出す理由が「光の波長」と呼ばれるものです。 そして、光は波長や強さによって、肌へ浸透する深さや、細胞へ与える作用が異なります。 言い換えれば、美容医療における光治療の本質は、肌の悩みや状態に応じた“光を使い分ける”ということになるでしょう。

〈フォトフェイシャルとレーザー治療の違い〉

フォトフェイシャルとレーザー治療の最大の違いは、使用される「光」の性質です。 例えばフォトフェイシャルは、波長の短い光から長い光まで、広い範囲の光を“複合的”に顔へ照射します。つまりフォトフェイシャルは、波長(性質)の異なる光をミックスして顔に照射することで、顔の肌に関する悩みを、総合的に治療することが可能です。 一方、レーザー治療は、目的に応じた特定の波長の光を、顔の目的部位へピンポイント照査することで、一点集中型の治療効果を発揮させます。

〈フォトフェイシャルとレーザー治療の比較〉

レーザー治療では肌の悩みの症状に応じて光を選択する為、それぞれに必要な専用機器が異なることも少なくありません。また、強力な光を当てるので、1回の施術で効果が望めるものの、肌へのダメージが大きく、痛みを感じることも多い為に麻酔が使用されます。治療箇所が傷になるので、施術後はガーゼや絆創膏によるケアも必要となり、それが治癒するまでのダウンタイムも不可欠です。 フォトフェイシャルも専用機器が必要ですが、複合的な光を顔全体へ照射する為に、肌の悩みをトータルでサポートします。だからこそ、総合的なエイジングケアの方法として人気だとも言えるでしょう。そしてまた、レーザーよりも各波長の光の強さが抑えられている為に、痛みや肌へのダメージがレーザ治療よりも少なく、ダウンタイムがないこともポイントです。

〈フォトフェイシャルの特徴〉

  • 麻酔不要
  • 痛みが少ない
  • 施術後すぐに洗顔・メイク可能
  • 顔全体をトータルで改善
  • レーザー治療よりも施術回数が多くなる場合がある
  • 照射時間は平均10~20分程度

〈フォトフェイシャルは医療機関でのみ受けられる治療行為!〉

フォトフェイシャルは、医師免許を有しているドクターだけが、専用機器を用いて施術を行える美容医療です。つまり、医師の在籍していないエステサロンなどで、本物のフォトフェイシャルを受けることは出来ません。 また、フォトフェイシャルを実施する前には、専門医によるしっかりとしたカウンセリングを受ける必要があります。 その為、エイジングケアの方法としてフォトフェイシャルを考えた際はまず、きちんとした実績を有している美容クリニックで、さらに信頼できる専門医を探すことから始めましょう。

フォトフェイシャルで肌の悩みを改善!

〈シミ・そばかす・くすみ〉

フォトフェイシャルの光の中でも、特に短い波長の光は、シミやそばかす、くすみの原因であるメラニン色素に作用して、それを分解します。 フォトフェイシャルでは、より効率的にメラニン色素へ吸収される波長の光を調整できる為、肌へのダメージを抑えつつ改善効果も得られます。

〈ニキビ跡・色素沈着〉

シミやそばかすに対する効果同様に、ニキビ跡や吹き出物の跡に見られる色素沈着に対しても、フォトフェイシャルは効果的です。

〈赤ら顔〉

赤ら顔に見えてしまう原因は、皮膚の内側にある毛細血管が拡張して、血の色が透けて見えることです。 赤ら顔になる理由にはアルコール摂取や体温変化などがありますが、フォトフェイシャルの光は毛細血管へ直接的に作用して、収縮させることにより赤ら顔の改善をサポートします。

〈肌組織のエイジングケア〉

フォトフェイシャルは、色素沈着が起きているような肌の浅い部分だけでなく、肌の奥にある真皮層にも光を届けられることが特徴です。 真皮層にある線維芽細胞では、肌の状態を維持する為に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸などを生成していますが、加齢や生活習慣によって線維芽細胞の機能が弱まり、コラーゲンなどの生成量も減少すると、結果的に肌からハリやうるおいが失われていきます。 フォトフェイシャルでは、波長の長い光によって、肌の奥にある真皮層・線維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成などを活性化させることで、肌本来が持つハリやうるおいを取り戻す機能を助けます。

〈シワ・たるみ〉

肌のハリや弾力、また肌組織を支える顔の筋力が低下すれば、肌がたるんでシワが増えます。反対に、フォトフェイシャルによって肌組織や表情筋を活性化すれば、シワやたるみなどの解消にも効果が期待できるでしょう。 ただし、フォトフェイシャルは光の強さが控え目な為に、くっきりと刻まれたほうれい線や、脂肪が蓄積してたるんだ目の下の状態を改善させる方法としては、十分でない可能性もあります。

〈毛穴の開き〉

角栓の詰まりやニキビ跡などがきっかけとなって、毛穴が開いたままになってしまうことがあります。これもまた、フォトフェイシャルによる肌組織の活性化によって改善が期待できる症状の1つです。 とは言え、完全に毛穴が開いて固定されている状態では、フォトフェイシャルよりもレーザー治療の方が効果的な場合もあります。

フォトフェイシャルのリスクと注意点

〈フォトフェイシャルの副作用〉

一般的にフォトフェイシャルは“副作用がほとんどない”とされており、美容医療の初心者にもオススメのエイジングケア方法です。 とは言え、体質や治療方法、施術する医師の技量によって副作用が生じるリスクも0ではないので、事前に十分な医師の診察を受けましょう。

〈フォトフェイシャルの注意点〉

  • アフターケア フォトフェイシャルで忘れてならないのが「日焼け対策」です。 特に施術直後は、肌が光に対して過敏になっている為、必然的に太陽から降り注ぐ紫外線の影響も受けやすくなっています。だからこそ、肌の状態が落ち着くまで、しっかりとした日焼け対策を行うことが大切です。
  • 継続した施術が必要な場合がある レーザー治療よりも肌へのダメージが少ない反面、フォトフェイシャルでは1回の施術では十分な効果が得られず、何回かに分けて施術を行わなければならない場合もあり得ます。 特に深いシワやほうれい線の治療など、肌の深部に対する効果を望む時は、照射回数が増えることもあるので、レーザー治療など様々な方法も比較検討しながら、担当医と一緒に“自分に合った施術方法”を決めていきましょう。
  • 効果の消失 フォトフェイシャルによる光刺激から始まった肌細胞の活性化は、刺激の影響が薄まるにつれて落ち着いていき、やがて再び元に戻ってしまいます。つまり、そこからまた新たに老化現象が始まっていくことを避けられません。 エイジングケアの方法として、長期間にわたって若返りの状態を保ちたいと望むのであれば、定期的なフォトフェイシャルによるケアが肝要です。

フォトフェイシャルと他のエイジングケアを徹底比較!

〈フォトフェイシャルの費用相場〉

フォトフェイシャルは保険適用外の医療行為であり、価格も美容クリニックによって異なります。 とは言え平均的には、1回分が1万~2万円、その他のスキンケアなどとのセット価格でも1回につき4万~5万円くらいで受けられる場合が多いようです。また顔以外への施術で価格を変えているクリニックもありますし、複数回を1セットとして料金設定を行っている所もあります。 フォトフェイシャルは、症状や目的によって施術回数が増える場合もあるので、トータルの費用については担当医にきちんと確認して、納得がいくまで説明を受けておくようにしましょう。

〈フォトフェイシャルとエステでのエイジングケア〉

フェイスマッサージや泥パック、ピーリングなど、エステサロンではスキンケアやエイジングケアとして様々なメニューがありますが、それらは根本的に“医療行為”ではありません。 つまり、医学的に治療効果が認められているフォトフェイシャルと比べると、肌組織の本質的な改善効果で言えば、どうしてもエステサロンでのマッサージなどでは物足りないこともあるでしょう。 ただし、フォトフェイシャルで若返った肌を、より長く維持する為のケアとして、フェイスマッサージなどが有効な可能性は十分にあります。

〈フォトフェイシャルとエイジングケア用コスメ〉

高保湿美容液や、コラーゲン・ビタミンC配合の高機能美容液など、エイジングケア用のコスメの種類は実に豊富です。しかし、美容液や乳液に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸などが、実際に真皮層まで届いて細胞へ直接に作用することは、まずありません。 化粧品などによる肌ケアは、あくまでも“肌表面の日常的なお手入れ”であり、肌組織へ直接に作用する光治療とは、根本的に性質が異なります。

〈フォトフェイシャルとエイジングケア用サプリ〉

飲む日焼け止めや、コラーゲン配合サプリなど、肌への美容効果を謳うサプリや健康食品は少なくありません。とは言え、口から食べ物として摂取したサプリや健康食品は、体内へ吸収される前に消化・分解されます。つまり、例えばどれだけコラーゲンを食べても、それらは一度、細かく分解されてから、ようやく吸収されるという順序を経なければなりません。つまり、摂取したコラーゲンが全て、“肌に効果的なコラーゲン”として体内で再合成されるかどうか、保証はないのです。 また、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、一度に沢山摂取しても、吸収しきれない分は尿として排出されてしまいます。 もちろん、様々な栄養を摂取して、体内で蓄積しておくことは、体の組織を作る“材料集め”として大切です。 フォトフェイシャルで肌を若返らせた上で、エイジングケアのサポートに役立つサプリや健康食品などを賢く活用しながら、生活習慣そのものを改善していくことが望ましいでしょう。

まとめ

エイジングケアの方法として人気のフォトフェイシャルは、歴とした医療行為です。そしてだからこそ高い効果も期待できますが、反面、何よりも信頼の置ける専門医やクリニックを選ぶことが必要です。美容クリニックの無料カウンセリングなどを利用して、自分にベストなクリニックを見つけていきましょう。

大阪のフォトフェイシャル治療の名医をこちらで紹介しています >>

関連ページ