施術前に確認しておきたいこと

美容外科での整形を検討している人に向け、施術前に最低限確認しておきたい事項をまとめました。

施術前に改めて確認しておきたいこと

美容外科での整形を勢いで受けるべきではありません。整形した結果は、基本的に一生涯残るものなので、施術前はある程度慎重になる必要があります。 最低限、次の5つは確認しておきましょう。

◆なぜ整形するのか?自分に改めて問い直してみる

改めて、自分はなぜ整形するのかを問い直してみましょう。なぜキレイになりたいのか、キレイになったら自分にどんな利益がもたらされるのかを、具体的にイメージしてみてください。具体的にイメージした結果、さほど大きな利益が期待できない場合には、改めて整形を受けるべきかどうか、考え直してみても良いでしょう。

◆施術によってどのように変わるのかを正確に把握しておく

美容外科には、たとえば目元の整形でも、埋没法、切開法、部分切開、目頭切開、脱脂法など、様々なメニューがあります。それぞれの治療法には一長一短があり、あなたのイメージを正確に実現できるものもあれば、100%は実現できないものもあります。各治療法の限界を知っておくことは大事なことです。

◆自分のなりたいイメージを医師と細かく共有しておく

現代の美容外科では、技術的な意味での失敗はほとんどありません。口コミなどで「失敗した」という声が見られるのは、失敗したのではなく、イメージ通りの仕上がりにならなかった、とい意味です。イメージ通りの仕上がりにならない最大の理由は、医師と患者とのイメージの共有不足。カウンセリングや診察では、施術を担当する医師と仕上がり後のイメージをしっかりと共有するようにしましょう。

◆体調や健康状態などを隠さずに伝える

整形は、れっきとした医療行為です。どんな医療行為であっても、その治療が適している健康状態かどうか、不適格な病歴がないかどうかを確認してから施術を行ないます。施術によるリスクを避けるために、健康状態や病歴を隠さず正直に医師に伝えるようにしましょう。

◆施術の効果が現れるのを焦らず待つ

美容外科で提供されるほとんどのメニューは、施術を受けてすぐに効果が出るものではありません。最終的な仕上がりまでには、ある程度の期間を要するのが普通です。施術直後は、多くの人は「なかなか自分のイメージ通りに仕上がらない」と焦りを覚えますが、効果が出るまで気長に待つことが大事。完成まで時間がかかることを、事前に理解しておいてください。

プチ整形を簡単に考えないこと

近年、メスを使わないプチ整形が流行りですよね。糸を使った二重埋没法や、ヒアルロン酸などを注入する鼻整形などです。施術時間が10分や15分と、とても短いことから、気軽な気持ちで受けている人もいるようです。

ただ、プチ整形とは言っても立派な医療行為であることを忘れてはいけません。メスを使わないことは確かですが、注射も麻酔も薬剤も使用します。簡単な施術だからと言って、カウンセリングでのリスク説明などを聞き流すことのないようにしましょう。
逆に、プチ整形だからと言ってリスク説明が不十分なクリニックは、避けておいたほうが無難です。

関連ページ