ブライダル前の肌ケア方法は?

挙式まで1ヶ月というタイミングでも、美肌を手に入れる為に始められる、ブライダル前の肌ケアは存在します。ここではブライダル前の肌ケアとして人気の方法について解説しています。

ブライダル直前!1ヶ月前からの美肌ケア!

美容クリニックでの施術

ブライダル直前になってから、エステを訪れて全身の肌ケアなどのコースを申し込む女性は非常に多いです。しかし、やはり短期間で十分な美肌効果を得ようとすれば、美容クリニックでの施術がベストです。

実際、医師だけが行える美容医療としての肌ケアと、エステサロンなどで行えるブライダルエステなどを比較すると、見た目の即効性だけでなく、コスパを考えても最終的には美容クリニックでの施術の方がお得ということは少なくありません。

ただし、美容施術には、肌の状態が落ち着くまでの期間(ダウンタイム)が必要なものもあり、あくまでもブライダル前の肌ケアとして適した治療を行うことが肝要です。

〈エステサロンでのケア〉

美容クリニックでの施術と並行して、エステサロンでのケアも、ブライダル前の女性に人気です。

また、エステサロンでは結婚式前の女性を対象にして、全身の集中ケアをセットにした「ブライダルエステ」プランを用意しているところもあります。

〈自宅での肌ケア〉

結婚式が近付いても、なかなか仕事を休めず、エステにまで行く時間が取れないという女性もいます。そのような時、炭酸ジェルパックなど、高保湿化粧品を使った集中うるおいケアもおすすめです。

ただし、中には肌への刺激が強く、短期間での連続使用が好ましくない商品もあるので、注意事項や使い方を事前に確認しておきましょう。

挙式1ヶ月前の肌ケア!フォトフェイシャル!

〈フォトフェイシャルとは?〉

フォトフェイシャルとは、専用機器を使って顔全体に特別な「光」を照射し、肌の浅い部分から深い部分まで総合的にケアをして、様々な肌トラブルを同時に改善する美容施術です。

肌細胞や肌組織へ直接的に作用するフォトフェイシャルは、総施術時間が数十分程度と短い上に、副作用やダウンタイムもほとんどなく、ブライダル直前の女性でも安心して行える肌ケアの1つと言えます。

フォトフェイシャルは、美容医療としての施術であり、医師の在籍していないエステサロンなどでは施術を受けられません。また、専用機器も必要になるので、まずは訪れた美容クリニックがフォトフェイシャルを行えるのかどうか、さらにちゃんとした実績を持っているのかどうか、しっかり確認しておきましょう。

〈フォトフェイシャルは光を使った総合治療〉

フォトフェイシャルが同時に様々な肌の悩みに有効とされる理由は、照射される「光」にあります。

例えば、同じく光治療である通常のレーザー治療の場合、肌に照射される光の種類は、症状に応じた1種類だけであることが基本です。そして、その光をピンポイントで患部へ照射することにより、レーザーは強い治療効果を発揮します。反面、強い光によって肌へ与えるダメージも大きくなりがちで、痛みやダウンタイムの増加を伴うことも少なくありません。

一方、フォトフェイシャルは、複数の症状に合わせた光をミックスさせた、特別な治療光を顔全体へ照射します。これにより、レーザー治療ほどの一点集中的な治療効果こそ望めないものの、色々な肌の悩みへ同時にアプローチできるだけでなく、肌へのダメージを抑えられるので、副作用やダウンタイムを低減させることが可能です。

〈フォトフェイシャルがもたらす効果〉

  • シミやソバカス、黒ずみ、くすみ、ニキビ跡と言ったメラニン色素沈着の改善。
  • 小じわや、軽度な肌のたるみなどの解消。
  • 肌のハリやうるおいの回復。
  • 赤ら顔の治療。

〈フォトフェイシャルは施術の直後から洗顔・メイクが可能〉

フォトフェイシャルは、施術直後から洗顔やメイクを行えるほど、肌にダメージの少ない美容医療です。その為、エステや自宅での肌ケアについても、並行して実践することが出来ます。

ただし、体質や術後の状態によっては、刺激の強い化粧品を使うべきでない場合もある為、専門医に詳しく確認しておきましょう。

〈フォトフェイシャルの注意点〉

本来、フォトフェイシャルは1回の施術でも十分に効果を期待できるレーザー治療と異なり、ある程度の回数、定期的に施術を受けることで最大の効果を得られる“穏やかな肌ケア”です。そして、その期間はクリニックや目的にもよりますが、およそ3~4週間に1回程度(もしくは月に1回程度)とされています。

ただし、ブライダル直前の女性の為に、短期間で集中的なフォトフェイシャルによる肌ケアを行うことは可能です。

しかしその場合、そもそもフォトフェイシャルの効果が現れやすい、シミや黒ずみなど色素沈着に対する治療などであればまだしも、深いシワやほうれい線、たるんだ肌の治療については間に合わないこともあるでしょう。

また、折角ダウンタイムの少ないフォトフェイシャルを行っていても、過度な量や強さの光を照射して、結果的にダウンタイムが生じてしまって挙式までに回復しない、ということになれば本末転倒です。

その為、体質や治療目的に応じた、ベストなフォトフェイシャルの内容や回数を、担当医と相談して決めた上で、フォトフェイシャルだけでは不十分な箇所については、他の治療や肌ケアを複合的に行っていくことが望まれます。

この他にもフォトフェイシャルを行った際は、肌が光に対して過敏になっている為、普段以上にきっちりと日焼け止めを使うなど、十分な紫外線対策を行わなければなりません。

挙式1ヶ月前の肌ケア!シワ取り注射!

ヒアルロン酸やボトックスなどの美容成分の注射は、短期間で効果が現れることと、ダウンタイムが少ないことから、フォトフェイシャルと併せて行えば、ブライダル前の肌ケア効果をさらにアップしてくれます。

特に、ほうれい線などのシワに関しては、シワ取り注射を一緒に行うことで、さらに満足のいく仕上がりになってくれる可能性が高いでしょう。

ヒアルロン酸やボトックスなどのシワ取り注射によるプチ整形は、効果が永続的でなく、やがて元に戻ってしまうことがデメリットです。

しかし、あくまでもブライダル用の肌ケアとして考えるのであれば、シワ取り注射は非常に心強いサポートと言えるかも知れません。

挙式1ヶ月前の肌ケア!処方薬による肌治療!

医師免許を持った医師の診断を受けられる美容クリニックだからこそ、吹き出物などに対して有効な処方薬を使った、美容皮膚科としての治療を一緒に行うことが可能です。

挙式まで6ヶ月!そろそろ始めたい美肌ケア

さて、挙式まで残り1ヶ月という女性でもやれることは少なくありませんが、やはり美肌を得るには、時間を掛けて肌ケアをしていくことが大切です。

そこで、およそ半年前頃から始められるブライダル用の肌ケアについて、代表的なものを確認しておきましょう。

〈美容クリニックでの施術〉

フォトフェイシャル
そもそも3~4週間に1回、定期的な施術が望ましいフォトフェイシャルは、さらに少なくとも5回くらい繰り返すことがベターとされています。
そう考えると、挙式の6ヶ月前という時期は、フォトフェイシャルを始めるに絶好のタイミングかも知れません。
医療用レーザー治療
医療用レーザーは治療効果が高い反面、医師の監督下にある美容クリニックでしか使用が認められておらず、またダウンタイムを抑えつつ十分な効果を得るには、熟達した技術を要します。しかし、脱毛や脂肪燃焼、シミ・シワなど、医療用レーザー治療には様々な内容がある為、早い段階からある程度のスパンを掛けて施術を受けていけば、挙式までにとても美しい姿を手に入れられるかも知れません。
シワ取り注射
ヒアルロン酸やボトックスによるシワ取り注射は、挙式の半年前に行えば、その効果も当日まで継続することが望めるので、ブライダル用の肌ケアとしておすすめです。

実際、結婚式の前にドレス姿で写真を撮影する“前撮り”を希望する女性も多く、前撮りの時の姿と式当日の写真に残る姿で、“同じ美しさ”をキープしておこうとすれば、少し早い段階から肌ケアを始めておく方が賢明でしょう。

〈ブライダルエステ〉

多くのエステサロンでは、結婚式を控えた女性を対象にしたブライダルエステを実施しており、様々なメニューがお得な価格で受けやすくなっています。

ただし、その価格や内容はサロンによって異なるので、事前に確認しておくことが大切です。

以下は、ブライダルエステで人気のメニューの一例です。

フェイシャルエステ
美白パックやマッサージ、毛穴吸引など、顔のエステは欠かすことの出来ないものでしょう。
デコルテ(胸元)のケア
ドレスから覗くデコルテは、美しい花嫁姿を目指す上で重要なポイントです。
背中のケア
後ろ姿に注目の集まる花嫁にとって、背中の毛やニキビ跡、日焼け跡などのケアは不可欠です。
痩身マッサージ
二の腕や腰のくびれなど、体のシルエットをスッキリと見せる為のマッサージは、ブライダルエステでも特に人気の内容と言えます。
手や爪のケア
ウェディングドレスを着る際、素敵な手袋を身につける女性も多いですが、いざ指輪の交換になれば、素手を見せなければなりません。その時、ぼろぼろの手や爪では、折角のドレスや指輪の魅力も半減してしまいます。

挙式まで1年!ブライダルまでに最高の美肌を!

プロポーズをされたものの、結婚式場の予約やその他諸々の問題により、まだ挙式まで1年くらいあるという女性も珍しくないでしょう。

しかし、美肌を目指す肌ケアを始める時期に“早すぎる”ということはありません。

むしろ無理をせずに生活習慣などを改善させるには、継続した努力が必要です。

実際、いざ結婚式の準備を始め出すと、1年という時間はあっという間に過ぎてしまいます。だとすれば、結婚について考えることをきっかけにして、肌ケアを始めることは、美しい花嫁姿を目指す女性にとって“最初の準備”と言えるかも知れません。

〈運動習慣〉

適度な運動を日常的に行うことは、体を引き締めるのに役立つだけでなく、内蔵を強化して、体を内側から美しくしていきます。

〈食生活改善〉

アルコール量を抑えたり、脂肪の多い食事を減らしたりして、代わりに食物繊維やビタミン、何より体を作る為に欠かせないタンパク質を増やすことは有効です。

ただし、過度にカロリーを制限して無理なダイエットを行うと、栄養不足やストレスのせいで肌荒れなどのトラブルを余計に招く恐れもあります。その為、単に食事の回数を減らすことよりも、食事の内容をより健康的なものへ見直していくことが肝要です。

〈半身浴・セルフマッサージ〉

お風呂場での半身浴やマッサージなどを習慣化すれば、体の美しさだけでなく、リラックスできて心の健康維持にも役立ちます。とは言え、誤ったマッサージ方法は、逆に体に負担を掛けてしまう恐れもある為、注意して下さい。

〈紫外線対策・保湿ケア〉

日常的に行える肌ケアとして、最重要なものが「紫外線対策」と「保湿ケア」です。

特に、肌細胞への紫外線による「光老化」は、年齢に伴う老化と並んで重大な肌トラブルの原因です。

日焼け止めの使い方や服装にも注意して、肌へのダメージを最小限に抑える工夫を習慣化させます。

まとめ

ウェディング直前の肌ケアについて、治療の即効性と得られる効果を考えると、美容クリニックでの施術がベストです。ただし、ダウンタイムや副作用などのリスクの少ない施術を選ぶことが求められる為、まずはどのような方法が自分にとって最適なのか、専門医へじっくり相談しておきましょう。

関連ページ