こうすればバレない!二重整形後の過ごし方

誰にもバレずに二重整形を行う際に気を付ければよいポイントや二重整形後の過ごし方について解説します。

目次

バレない二重整形を選ぶ

誰にも知られず二重整形を受けたい方は、バレにくい手術法を選びましょう。二重整形の手術法は、大きく埋没法と切開法に分かれます。2つの手術法を比べると、術後の腫れやすさなどが異なります。どちらの手術法を選べばよいのでしょうか。

バレにくいのは埋没法

埋没法は、まぶたに筋肉の代わりになる糸を埋め込み二重を作る手術法です。切開法は、まぶたを切開して筋肉の一部を切除し、瞼板という軟骨と皮膚を縫い合わせて二重を作る手術法です。

切開法に比べ埋没法は術後の腫れなどが少ないと考えられています。バレない二重整形を受けたい方は、埋没法を選ぶと良いでしょう。

参考:一般社団法人日本形成外科学会:重瞼術
http://www.jsprs.or.jp/member/disease/aesthetic_surgery/aesthetic_surgery_01.html

クリニックを慎重に選ぶ

埋没法であれば、どこで受けても同じというわけではありません。クリニックにより腫れやすさなどは異なります。一般的に、以下の条件に合致するクリニックは術後の腫れなどが目立ちにくいといわれています。

  • 細くて柔軟な糸を使用している
  • 適切な量の麻酔を使用している
  • 適度な力加減で糸を結べる
  • 丁寧な手術を行っている

以上のポイントなどを参考に、信頼できるクリニックを選ぶと良いでしょう。

幅の広い二重はバレやすい

二重のデザインもバレやすさに影響を与えます。最近では、幅の広い二重が好まれていますが、幅の広い二重はバレやすいといわれています。幅の狭い二重に比べ腫れやすいからです。また、幅の広い二重はすべての日本人に似合うわけではありません。二重にすることで不自然な印象となりバレることもあります。バレたくない方は、自分に似合う二重整形を受けることが重要です。

バレにくくする術後のポイント

埋没法を選んでも切開法を選んでも、術後は一定のダウンタイムが発生します。この間は、まぶたの腫れや内出血などが目立つので二重整形がバレやすいといえるでしょう。バレないために、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。

ダウンタイムを把握してスケジュールを調整する

まぶたの腫れや内出血がひどいときに、会社の同僚や友人に会うと二重整形を受けたことがバレやすくなります。バレたくない方は、ダウンタイム中は仕事を休む、学校を休むなど、スケジュールの調整をしておくとよいでしょう。ある程度、腫れがひけばメイクでごまかすことができます。埋没法のダウンタイムは1週間程度、切開法のダウンタイムは1~3カ月程度です(手術内容により異なるので、詳しくは医療機関で確認してください)。

腫れと内出血を最小限に抑える

実際に必要なダウンタイムはケースにより異なります。腫れや内出血を最小限に抑えることが出来れば短くなると考えられます。腫れや内出血は血行が良くなると起こりやすくなります。ダウンタイムを短くしたい方は、医師の指示に従い術後の患部を冷やしましょう。お風呂や運動、飲酒など血行を改善する取り組みも控えるほうがよいかもしれません。

メイクや眼鏡でごまかす

以上に取り組んでも、腫れや内出血を完全に抑えることは出来ません。目立つ腫れや内出血はメイクで隠すと良いでしょう。いつもよりアイシャドウを濃く塗るなどで隠せます。あるいは、眼鏡をかけることでも隠せます。術後、メイクが出来るまでにかかる期間は手術法などで異なります。埋没法では数日後、切開法では抜糸後(おおよそ1週間後)からメイクできることが多いようです。忙しい方は、メイクができる時期を考えてスケジュールを組むと安心かもしれません。

傷を悪化させない

埋没法は針を通すため、切開法は切開するため、まぶたに傷ができます。傷跡が残ると二重整形がバレやすくなります。傷跡を残したくない方は、傷口の乾燥を防ぐ、傷口を刺激しない、日焼けに注意するなどを心がけましょう。二重整形を受けたことがバレにくくなるはずです。

まとめ

バレない二重整形を受けたい方は、手術法を慎重に選びましょう。一般的に、まぶたを切開しない埋没法がバレにくいといわれています。とはいえ、術後に腫れや内出血が起きないわけではありません。万全を期したい方は、ダウンタイムを把握して術後のスケジュールをたててください。腫れなどがひけば、メイクや眼鏡でごまかすことはできます。いつからメイクできるか確認しておくとよいかもしれません。バレない二重整形を受けたい方は、以上のポイントなどに注意してみてはいかがでしょうか。

大阪の二重整形の名医がいるクリニックをチェックする

関連ページ