二重整形は痛い?手術前後の痛みを抑える方法

経験者の口コミをもとに、二重整形の痛みについてまとめました。

目次

二重整形の痛みはどのぐらい

二重整形の手術は一般的に埋没法と、切開法の2通りに分かれるのですが、どちらの施術方法も施術中に痛みを感じることはほとんどないと言われています。
例えば、抜歯のため歯医者に行くと麻酔をかけて歯を抜く時の痛みを和らげますよね。それと同じようなイメージで、二重にする際に感じる痛みを和らげるために麻酔をかけるのです。
「麻酔は痛くないの?」と不安になるかもしれませんが、やはり注射を打つので多少チクッとする痛みを感じる人が多いようです。
施術前には点眼薬を注入し、目元の皮膚に麻酔クリームを塗るのが一般的で、その後に注射器で局所麻酔を打っていきます。麻酔を打つ場所は、目の付け根と瞼の裏側の二か所が多いようです。

麻酔はクリニックによってさまざまなので、「どんな麻酔を使うのか?」「痛みはどうなのか?」など、気になることはカウンセリングの時に聞いてみましょう。

手術中の痛みを抑える方法

手術前に麻酔をしているので、手術中に痛みを感じることはありません。手術中の痛みがどうしても不安な場合や主術中の様子が分かるのが怖いという方は、局所麻酔ではなく全身麻酔にすることも可能です。
全身麻酔は笑気麻酔と静脈麻酔の2通りがあり、笑気麻酔は吸入で麻酔をかけるので注射の張りが苦手な方にもオススメのやり方です。笑気麻酔の場合は静脈麻酔のように意識がなくならないので、リラックスした状態で手術が受けられます。また、吸入をやめればすぐに意識がはっきりするので、回復が早いと言う特徴もあります。
一方、静脈麻酔は針を静脈にさして麻酔薬を入れていく方法です。眠っているうちに二重整形が終わっているので、手術中の恐怖感は感じないでしょう。
しかし、実際に二重整形を受けた方の口コミを見てみると、意識のある状態の方が、理想通りの二重になりやすいそうです。その理由は、埋没法・切開法のどちらを行うにしても、手術中にまぶたの開閉具合や二重の形をチェックするからです。「担当医に全てお任せしたい!」ということなら問題はないのですが、より理想に近づけるためには、意識があるうえで手術を受けた方が良いでしょう。などをチェックする必要があります。
笑気麻酔はオプションで別途費用がかかるところがほとんどなので、まずはカウンセリングでどのような麻酔を使うかしっかり相談してみましょう。

手術後の痛みを抑える方法

手術後の痛みを挙げるなら、「腫れ」や「炎症」による痛みです。しかし、痛み止めを処方されるので、それほど大きな痛みを感じることはありません。ただし、激しい運動や入浴をしてしまうと血流が良くなり、余計に腫れてしまったり、元の状態に戻るのに時間がかかってしまう事もあるので、手術をして1週間は運動や入浴、サウナ、お酒などはストップしておくようにしましょう。
またまぶたを冷やしておくと腫れが引くのも早いと言われているので、テレビを見る時やリラックスしている時などに冷やしておくようにすると良いでしょう。

二重手術の痛みに関する口コミ

実際に二重整形を受けた方の口コミをまとめました。

  • 麻酔の注射はチクリと痛みを感じましたが、それ以降は全く痛みを感じませんでした。手術後の腫れもそんなにひどくなく、1週間後には腫れも完全に引いていたので良かったです。(20代・男性)
  • 私は麻酔の痛みも感じず、結局手術が終わるまで1回も痛みを感じることがありませんでした。二重整形=手術というイメージで痛みもあるのかな…と心配だったので、全く痛みを感じずビックリしました。(20代・女性)
  • 手術前や手術後にしっかり冷やしてくれていたので、腫れも少なく、痛みもほとんどありませんでした。痛みに弱い私でもできたので、「痛いのかな…」と不安な方にも安心して受けてもらいたいです。(20代・女性)
  • 私の場合、手術前や手術中に痛みを感じることは全くなかったのですが、手術後に結構腫れてしまったので、そのせいで痛みを感じました。腫れが少ない人は痛みもあまり感じないと思います。(20代・男性)

人によって、痛みを感じる人・感じない人がいるようですが、痛みを感じると言っても大きな痛みではなく、麻酔のチクっとした痛みや腫れて患部がジンジンと傷む程度のものだそうです。どうしても痛いときは、処方された痛み止めを飲めば良いので、痛みに弱い方でもそれほど心配することなく手術を受けられると思います。

大阪の二重整形の名医がいるクリニックをチェックする

関連ページ