大江橋クリニック

ここでは、名医のいる美容外科である大江橋クリニックについて紹介しています。眼瞼下垂の名医である大江橋クリニック。そんな大江橋クリニックの口コミ評判や特徴、治療内容など、クリニックの詳細について説明します。

公開日: |更新日:

大江橋クリニックの名医

井上研院長
■院長について
大江橋クリニックの井上研院長は、日本形成外科学会や日本皮膚科学会等に所属。京都大学医学部卒業。京都大学医学部付属病院、兵庫県立尼崎病院での研修を経て、冨士森形成外科、国立療養所千石荘病院、岸和田市民病院等に勤務後、シュトゥットガルトマリア病院にて2年間客員医師として勤務。帰国後は大城クリニックを経て京都桂病院、北山武田病院に勤務後、大江橋クリニックを開業しました。
■治療への信念
外見のコンプレックスを抱えた患者に、コンプレックスの原因となっている傷跡や各部のバランスを、解剖学的に正しい位置に戻すという考えのもと、患者ひとりひとりに施術を行っています。

大江橋クリニックの口コミ評判

  • ホクロの除去

    パンティーライナーのちょっと下あたりと、陰部に、ホクロがありコンプレックスでした。美容外科で除去すると、治療費も高価な上に、保健がおりない。一般皮膚科で、形成外科も併設している病院をずっと探していました。
    検索して、たまたまヒットしたのが、副業先と同じビルに入っている皮膚科。オーナーに聴いたら、看板出されてないのに、評判良くて人気と伺い通院することにしました。実際通院してみて、院長さんや副院長さんは優しいし、受付さんは丁寧で優しいです。こちらで、お世話になれて良かったです。説明は、とても親切でわかりやすかったです。ホームページに、ある程度記載あるので、読んでいたらだいたいの事は理解が出来る。(中略)

    引用元:美容医療の口コミ広場

  • 丁寧で熱心な先生

    形成外科と皮膚科それぞれ、男性と女性の先生が担当されています。どちらも美容、保険と受診しましたが、丁寧で熱心な先生で長らく悩んでいた皮膚の悩みも解消し大変満足しました。美容レーザーもあてましたが、先生自ら担当してくださる点や、先生ご自身が納得されるまできっちり細かく当ててくださる点などが他の医院と大きく異なります。 皮膚科の先生も、例えば顔に塗るステロイドなどを処方してくださった時は必ず3日後の再受診を徹底するなど、どちらの先生も治療結果に責任を持たれている姿勢が感じられます。

    引用元:caloo

  • 安心して受診できる先生

    顔をはじめとする肌荒れに悩んで通院していました。 まず女医の先生だったのですが、とても優しく語りかけるように説明してくださり、非常に安心して受診することができました。ここまで丁寧にしてくださる先生もめずらしいのではないかと感じます。(中略)一回薬を処方して終わりではなく、一週間後みせてくださいね、と必ず言ってくださるので本気で向き合ってくださってるのだなあといつも感じていました。この病院はとてもおすすめで、同僚も何人かお世話になっています。ただ、人気がある➕ビジネス街がちかいというのもあり、仕事帰りにいくといつも待ち時間は少し長めでした。それでもまたあの先生にみてもらいたいので、気にせず通っていました。

    引用元:caloo

  • 先生が真剣に診てくれました

    瞼の上のハレ、爛れ、口周りの爛れ、がありました。他の皮膚科で処方された薬でますます酷くなり、口コミの良かったこちらに来ました。初診時の待ち時間は1時間を超え、覚悟していたとはいえ随分待ったな、と思いました。女性の先生はいつからこのようになったか、何をしていたか、など細かく聞いてくださり、おかげでこちらも真剣に「治療する」ということに向き合うことができました。前の皮膚科では塗り薬の処方でしたが、こちらでは内服薬にての治療でした。(中略)こちらは皮膚科だけではなくアレルギーも併設されており、私自身アレルギーが原因ではないか、と思っていたのでこちらに来てよかったと思います。まだ治療の途中ですがこのまま続けたいと思っております。

    引用元:RPARK

  • 眼瞼下垂の手術でお世話になりました

    以前眼瞼下垂の手術でお世話になりました。井上先生は落ち着いた雰囲気でじっくり診察してくださり、安心して手術をお願いすることができました。(中略)眼瞼下垂でお悩みの方はぜひ井上先生に相談してみてください。

    引用元:Google Map

大江橋クリニックの治療内容

まぶたの治療

  • 眼瞼下垂術(両目):495,000円(税表記不明)
    眼瞼下垂術(片目):330,000円(税表記不明)
    大江橋クリニックでは、一重の方でも生まれつきある自然な二重のラインを生かし、必要であれば皮膚のたるみも同時に取るといった、美容的な側面にも配慮した手術方針で施術。

耳の治療

  • 立ち耳修正(片側/初回):330,000円(税表記不明)
    立ち耳修正(片側/複雑な再修正手術):550,000円(税表記不明)
    大江橋クリニックでは、耳介形成手術に注力しており、生まれつき左右の耳の形が違ったり、スポーツ外傷や病気などで形が変わってしまった場合の手術を提案。

皮膚治療

  • 唇形成手術(上下各):220,000円程度(税表記不明)
    上下とも手術可能ですが、大抵は上下どちらか片方が多い。厚い唇を薄くするため、口の中の粘膜を切除する施術。術後しばらくはかなり腫れるため、落ち着くまで数ヶ月かかる場合がある。
美の名探偵からのひとこと
院長は「眼瞼下垂」の経験が豊富で、まぶた治療が得意なのよ。整形の中でも、耳介形成術にとても力を入れていて、生まれつきや病気、スポーツを通じて変形してしまった耳の手術が受けられるわ。
美の名探偵

大江橋クリニックのここが魅力!

大江橋クリニックのHP 画像引用元:大江橋クリニックHP
(https://www.oebashi.jp/archive/index.shtml)

美容外科に対する姿勢

大江橋クリニックでは、美容医療を、長い人生をより健康で美しく、若々しく過ごすための予防的、健康増進的医療ととらえています。瞬間的、刹那的な美を追い求めるあまり、その後の長い人生に傷を残すような治療は、行うべきではないという方針です。そのため美容外科では、主にコンプレックスの原因となっている傷痕や各部のバランスの乱れを解剖学的に正常に戻すことを心がけて手術しています。

眼瞼下垂術

大江橋クリニックの院長は、元々、京都で「まぶた外来」を開き、専門的な治療を行っていた経歴があります。また、他院修正など、他のクリニックで受けた施術の修正にも対応しています。

耳の形成手術に注力

耳の形成手術の対象になる、耳介軟骨は鼻の軟骨とは異なり特徴的な性質があります。柔らかくて弾力があるため、元の形に戻ろうとする力が非常に強く、力で曲げても後戻りしてしまいます。戻らないように曲げるには、知識と経験が必要で、大江橋クリニックではこの耳の形成手術を積極的におこなっています。

大江橋クリニックの基礎情報

所在地
大阪府大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル1F
アクセス
「なにわ橋駅」より徒歩5分
診療時間
月~金:初診10:00~18:00/再診10:00~19:00
休診日
土曜・日曜・祝日・水曜午前
電話番号
06-6365-3500
公式HP
https://www.oebashi.jp/archive/index.shtml
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
関連ページ